グローバルストリームニュース
国際金融アナリストの大井幸子が、金融・経済情報の配信、ヘッジファンド投資手法の解説をしていきます。
トランプ大統領は「商売人」で、その本音も分かりやすい。米朝会談はリアリティショーとしては今一歩だった。拉致問題を取り上げ「被害者を返せ!」とトランプが怒り、ちゃぶ台をひっくり返すといいなと、筆者は密かに期待していたのだが、彼も北朝鮮の指導者もカネのことしか頭にないようだ。  日本にとって米朝会談の後の課題が山積している。 朝鮮戦争が終わり、表向き米軍は韓国と日本から引き上げる。戦後日本の「55年体制」も変化の時か。…
続きを読む...

米国保護貿易の行方

マーケットではECBの金融政策正常化に向けての動きと、米朝会談への期待感から、リスクオンに転じた資金が「ショートスクイーズ(空売りの買い戻し)」を起こし、昨日は米国株式市場が大きく上昇した。

セミナー情報

その他の最新記事

トランプの経済制裁強化、そして米金利上昇

本日の世界のトップニュースは「Trump Kills the Deal」。欧米6カ国がイランの核開発の大幅な制限を条件に経済解除をした「イラン核合意」から、米国が離脱を表明。2015年から3年続いた平穏な期間が終わった。米朝会談を目前に、「オバマがやったイラン核合意など要らん!」と、トランプ氏は「まやかしではない」完全な非核化を要求する。

5月26日(土) 投資のはじめの一歩セミナー

こんな方にオススメのセミナーです。 ●初心者で、どんな商品に投資すればいいかわからない ●そもそも証券口座を持っていない ●どの証券会社で口座を開けばいいのか悩んでいる ●まだNISA(ニーサ)をまったく活用できていない このセミナーはこれから投資を始める方々に、安心してはじめの一歩を踏み出していただけるようになっていただくセミナーです。…

北朝鮮情勢をどう見るか?

世界は、27日に予定されている韓国と北朝鮮の南北会談の行方、さらにその先の米朝首脳会談の行方に注目している。今、その先行きについては今の所、楽観論が優勢なため、相場は4月2日に調整局面があったが、しばらく上昇している。

緊張高まる世界情勢 米中露のパワーゲーム 日本にとってサバイバルゲーム

2003年4月9日に、ブッシュ(子)大統領はイラク侵攻を開始した。筆者は当時ニューヨーク、マンハッタンにいた。今、シリアの化学兵器による殺戮のニュースを聞くと、15年前の記憶が蘇る。フセイン大統領の保有する大量破壊兵器が米国にとって致命的なリスクであるとの理由から、イラク侵攻が正当化され、テロとの戦いが始まったのだ。今回、米国が何らかの先制攻撃に出るかどうか。米国TVニュースからは緊張の高まりがうかがえる。

4月14日(土)じぶんちポートフォリオ はじめの一歩セミナー

セミナー日時 2018年4月14日(土) 13時〜16時 *50分講義×3コマで行います *講義間に10分程度の休憩時間を取ります 定員:先着10名 セミナー会場:トリエル日本橋 東京駅八重洲口徒歩4分 日本橋駅徒歩1分 MAP:https://www.triel.jp/tokyo/#access_block セミナーのご説明 あなたは資産運用を始めようとして 困っていることはありませんか?…

経済安全保障と地政学リスクがシンクロ

春分の日(3月21日)を過ぎる頃から世界情勢が大きく動き出した。金正恩委員長は26日に北京に入り、習近平国家主席と会談したというニュースが28日に伝えられ、その翌日29日に、韓国と北朝鮮との会談が4月27日に開催されることで両国が同意したと発表があった。南北首脳会談は、5月開催予定の米朝会談に向けてのステップであり、北朝鮮が非核化に向けて動き出すかどうかを世界が注視している。

最近の投稿

グローバルストリームニュース
メールマガジン

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。
登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。