グローバルストリームニュース
国際金融アナリストの大井幸子が、金融・経済情報の配信、ヘッジファンド投資手法の解説をしていきます。

セミナー情報

トランプ氏は大統領になる前にテレビ番組 ”The Apprentice“ で人気を博した。この番組では実際にトランプの下で働きたい人たちが集められ、その地位を勝ち取るまでの過酷な戦いがくりひろげられる。このリアリティ・ショーでは、主演でボスのトランプが、「お前はクビだ!」と一人一人クビにして行く。
続きを読む...

北朝鮮情勢をどう見るか?

世界は、27日に予定されている韓国と北朝鮮の南北会談の行方、さらにその先の米朝首脳会談の行方に注目している。今、その先行きについては今の所、楽観論が優勢なため、相場は4月2日に調整局面があったが、しばらく上昇している。

その他の最新記事

緊張高まる世界情勢 米中露のパワーゲーム 日本にとってサバイバルゲーム

2003年4月9日に、ブッシュ(子)大統領はイラク侵攻を開始した。筆者は当時ニューヨーク、マンハッタンにいた。今、シリアの化学兵器による殺戮のニュースを聞くと、15年前の記憶が蘇る。フセイン大統領の保有する大量破壊兵器が米国にとって致命的なリスクであるとの理由から、イラク侵攻が正当化され、テロとの戦いが始まったのだ。今回、米国が何らかの先制攻撃に出るかどうか。米国TVニュースからは緊張の高まりがうかがえる。

4月14日(土)じぶんちポートフォリオ はじめの一歩セミナー

セミナー日時 2018年4月14日(土) 13時〜16時 *50分講義×3コマで行います *講義間に10分程度の休憩時間を取ります 定員:先着10名 セミナー会場:トリエル日本橋 東京駅八重洲口徒歩4分 日本橋駅徒歩1分 MAP:https://www.triel.jp/tokyo/#access_block セミナーのご説明 あなたは資産運用を始めようとして 困っていることはありませんか?…

経済安全保障と地政学リスクがシンクロ

春分の日(3月21日)を過ぎる頃から世界情勢が大きく動き出した。金正恩委員長は26日に北京に入り、習近平国家主席と会談したというニュースが28日に伝えられ、その翌日29日に、韓国と北朝鮮との会談が4月27日に開催されることで両国が同意したと発表があった。南北首脳会談は、5月開催予定の米朝会談に向けてのステップであり、北朝鮮が非核化に向けて動き出すかどうかを世界が注視している。

Rexitの後に来るもの

今週はティラーソン国務長官解任のニュースで、北朝鮮やイランを含む地政学リスクが注目される。ニュースでは、彼のファーストネームRexから、「Rexit」と報じられている。メイ首相は英国EU離脱「Brexit」後の後始末に苦戦している。Rexit後の米国はどうなるのか?

政治があらゆる領域を支配するパラダイムへ

3月に入ってから国際情勢が動いている。3月1日にプーチン大統領が年次教書を発表し、最新鋭核兵器を誇示し、「強いロシア」を内外に示した。そして、2日にはトランプ大統領が保護主義を強め、鉄鋼とアルミに対する輸入関税を打ち出した。週明け5日に中国では全人代が始まり、習近平氏への権力一極集中が進む。中露は独裁主義に邁進している。

米国による先制攻撃の口実を与えてしまった北朝鮮

2月27日付NYタイムズ紙記事によると、シリアのアサド政権はダマスカス郊外の街グータの反政府勢力に化学兵器を使用して徹底的な弾圧を加えている。グータ市民はロシアの訴える5時間の停戦調停にもかかわらず地獄のような状況に置かれている。そして、国連ではこの化学兵器が北朝鮮からもたらされたと報じている。  …

エネルギー資源輸出に舵を切る米国、ドル安へ誘導

 米国はエネルギー資源輸出国として、ドル安を望んでいる。ムニューシン財務長官は1月25日に「ドル安容認」と口を滑らしたが、これが米国の本音である。30年ほど前も、レーガン大統領が「強いアメリカ、強いドル」をスローガンに掲げたが、実際は1985年のプラザ合意以降、日本は急激な円高に見舞われた。  …

最近の投稿

グローバルストリームニュース
メールマガジン

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。
登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。