大井幸子のプロフィール

公開日: : 最終更新日:2016/08/29 大井幸子とは | 

 

グローバルストリームニュース(GS-News)は国際金融アナリスト、SAIL社代表の大井幸子が運営しています。
最新の金融・政治・経済情報を、大井独自の視点で配信していきます。

メルマガに登録するか、フェイスブックページをフォローして更新情報を受け取ってくださいね。

メルマガ登録はこちらから
メルマガ登録

Facebookページへのいいね!はこちらから

プロフィール

ウォール街で20年近いキャリアを持ち、ヘッジファンドなどオルタナティブ資産の運用に関して論文・記事、講演多数。

日米の金融、政治経済面で幅広い人脈を持ち、国際金融アナリストとして活躍中。

文教大学国際学部非常勤講師。武蔵野大学政治経済研究所研究員。

慶応大学法学部卒、同大学大学院経済学研究科博士課程終了。

ブライト奨学生としてスミス・カレッジ、ジョンズ・ホプキンズ大学院高等国際問題研究所(SAIS)に留学。

ニューヨークにてリーマン・ブラザーズ、キダー・ピーボディにて債券調査・営業を担当。

スイス大手プライベート・バンクUnion Bancaire Privee (UBP)東京支店、営業戦略取締役。

 

職歴

2010年9月  文教大学国際学部 非常勤講師 現代経済政策を担当
2009年4月    株式会社SAIL業務再開、現在に至る
2007年7月  UBPジャパン証券 営業戦略担当取締役。ファンド・オブ・ヘッジファンズ商品を年金、機関投資家へ営業。 年金向けセミナー講師を務める。株式会社SAILとして拠点を東京に移転、UBPの業務に従事するため一時業務休止。
2001年    ニューヨークでSAIL,LLCを立ち上げ、オルタナティブ投資専門のコンサルティングに従事
1989年    ムーディーズ社(ニューヨーク、米国)にてストラクチャード・ファイナンス部アナリスト、リーマン・ブラザーズ、キダー・ピーボディにて証券化商品や仕組み債を中心とした債券リサーチ・営業に従事

 

学歴ほか

  • 慶応大学法学部政治学科卒
  • 慶応大学大学院経済学研究科博士課程修了
  • 米国スミスカレッジ、ジョンズホプキンズ大学院SAIS(フルブライト・スカラー) 修了
  • 日本金融学会 会員
  • 日本年金学会 会員
  • 日本ビジネスインテリジェンス協会 会員

 

著書

  • 『ヘッジファンドで増やす時代:全天候型投資で儲ける』(共著)    東洋経済新報社 2005年
  • 『ウォール街から日本経済お見通し』    あ・うん 2005年
  • 『ウォール街のマネー・エリートたち:ヘッジファンドを動かす人びと』    日本経済新聞社 2004年
  • 『魂の求める仕事をしよう:ニューヨーク発よいキャリアの築き方』    太陽企画出版 2001年
  • 『アメリカの一人勝ちを許すな:日本に何が欠けているのか』    太陽企画出版 1999年
  • 『ヘッジファンドで拡大する私募金融市場』    東洋経済新報社 1999年

 

掲載記事

  • 「ヘッジファンド 危機下に投資家たちは今後どう動くのか」    エコノミスト 2008年12月22日号
  • 「商品・サービスのプレミアム化の真髄」ていくおふ(ANA総合研究所)2008年Winter
  • 「レバレッジが抱えるリスク」エコノミスト 2007年10月8日号
  • 「日本のCSR-米国の失敗に学ぶ」IR実務情報誌プラクティス 2007年8月号
  • 「特集・世界のビッグファンドの正体」サピオ 2006年7月26日号
  • 「 NYマンハッタンリポート アディクタム 2006年5月号、8月号
  • 「How to Get Access to the Japanese Pension Market」    www.HedgeFund.net (2006年1月10日号)
  • 「2006年は疑念の年?」ラジオ深夜便 2006年1月号
  • 「ルポ:米国のインフレ」エコノミスト 2005年12月6日号
  • 「ファミリー・オフィスの極意伝授します」アディクタム 2005年11月号
  • 「米ヘッジファンド 行方は?」 株式新聞 2005年5月26日
  • 「持てる者と持たざる者の二極化 日本はどんな社会を目指すのか」
  • 「世相」 竹村健一氏との対談 2005年3月号
  • 「Land of the Rising Sun Has Woken to Hedge Funds」    Alternative Universe,  2005年2月14日号
  • 「今年の円・ドルレートはこう動く」エコノミスト 2005年1月11日号
  • 「米国のミリオネアーに学ぶ資産運用術」    アディクタム誌 連載 2005年4月号、7月号、2004年12月号
  • 「ヘッジファンド投資の水先案内人」アディクタム 2004年10月号
  • 「下落見越し空売りを仕掛けるヘッジファンド」エコノミスト  2004年9月21日号
  • 「米の超低金利時代終る」フジサンケイ新聞・ビジネスアイ 2004年7月10日
  • 「米金利とグローバルマーケット」2004年5月28日 コラムI’s Eye
  • 「米利上げ、タイミングはいつか」エコノミスト  2004年5月25日号
  • 「米国はデフレからインフレへの戦いへ」エコノミスト  2004年2月10日号

その他 多数

講演・セミナー

通産省アジア・クラブ、ニュービジネス協議会、中小企業フォーラム、通産省産業研究所、香川県中小企業同友会、日本政策投資銀行、日本格付け研究所 (R&I)、信金中央金庫、慶応義塾大学経済学部野村財団講座、ニューヨーク大学スターン・ビジネススクール、インテック金融ITセミナー、日本 経済新聞「丸の内キャリア塾」ニューヨーク・セミナー、日本経済研究センター、綜合ユニコム「不動産マネジメントフォーラム2005」、交詢社、船井財産 コンサルタンツ、モルガン・スタンレー アセット・マネジメント投信会社、日興コーディアル証券、米国プリンストン大学東アジア研究センター、外為ドットコム、年金東京地方協議会京橋部会 など多数

 

レギュラー出演

  • 日経CNBC テレビ番組「NY x Tokyo Global Crossing」    (2005年4月~9月 毎月最終月曜夜9時から放送)
  • NHKラジオ深夜便 月曜「ニューヨーク マーケット・リポート」    (2000年3月~06年3月 深夜零時半から放送)
  • NHK『BSマネーワールド』「ニューヨーク・リポート」毎月第3土曜    (2000年4月~01年3月)
  • 日経Net www.nikkei.co.jp マネー『NYマーケット・ウォッチ』週一回    (2003年6~12月)
  • 日経CNBC www.nikkei-cnbc.co.jp    フラッシュメール『コラム マーケット・アイ』月一回    (2003年10月~04年9月)

関連記事

no image

大井幸子の起業物語

  K:  大井さんはウォール・ストリートでキャリアを積まれて、その後ニューヨークで

記事を読む

I ♡ Wall Street (ウォール・ストリートに恋して)

大井幸子さんは20年以上に渡って、ウォール街で活躍されてきました。その大井さんに、ウォール街

記事を読む

米国経済はなぜ底堅いのか?成長への投資のあり方

 参院選挙が終わり、安倍内閣の新たな経済刺激策に関心が高まっている。特に「第三の矢」が中堅中小企業の

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑