資産運用をする上で知っておかないといけない“絶対的なルール”とは?

あなたがこれから豊かな老後を過ごしたり、
会社や個人の資産を増やしていくためには
投資や資産運用は必要不可欠です。

そうした資産運用をしていく上で
「絶対に知っておかないといけないこと」があります。

それは

マーケットには「強者の意思」が色濃く反映される

という原則です。

たとえば、日本の株式市場であれば
その売買代金の3分の2は外国人投資家に占められています。

ですから、たとえば彼らがリスクオフの方向に動いて
日本の株式市場から資金を引き揚げる場面では
日本の株価は軒並み下落するのが相場の法則
なのです。

こうした下落局面では、
投資名人でも投資の勝率は下がるものなのです。

相場には大きな流れがあり、その流れに乗ることが大切です。

ですから、資産運用をして資産を守るためには
外国人投資家やヘッジファンドを中心とした
大きな資金でマーケットを動かす強者たちの
動きを常に把握することが重要なのです。

「外国人投資家たちが何を考えているのか?」「日本のマーケット環境はどうなっているのか?」

「こういった重要な情報を日本の個人投資家にも伝えたい――」

そうした思いから毎月発行されているのが
「ヘッジファンドニュースレター」です。

■資産は自分で守り、増やす時代

もし、あなたがヘッジファンドなどの
外国人投資家たちの動きをまったく知らずに
資産運用をしたならば、どうなるでしょうか?

「保有している株や投資信託が大きく下がってしまった…」

多くの人が投資したタイミングのせいにしたり
「自分は運が悪い」なんて考えてしまうかもしれません。

でも、実際にマーケットが動く裏には
必ずと言ってもいいほど世界規模の理由があります!

そして多くの場合が、マーケットの強者である
ヘッジファンドなどの方針転換によるものなのです。

■実録:2014年、“ある強者”が日本の株価を動かした

一言でヘッジファンドと言っても
その実態を知らない方も多いのではないでしょうか?

そもそも彼らに投資をしているのは誰なのか?
ヘッジファンドを支えているのは

■世界の政府系ファンド■各国の年金運用機関・財団・大学基金■ファミリーオフィス

といった、個人では太刀打ちできないような
巨額のマネーを持った集団なのです。

繰り返しになりますが、彼らがマネーを動かせば
個人投資家の思惑なんて関係なく株価は大きく動きます。

実は、これと似た事例は日本でも起こっているのです!

2014年10月、日本の年金マネーを運用する
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)

日本株の運用比率を12%から25%に引き上げました。

当時GPIFは約130兆円もの公的年金を運用しており
この方針転換はマーケットに衝撃を与えました。

当時14,000円台だった日経平均株価は
たった半年後には2万円を突破したのです!

巨額なマネーはマーケットを動かす!!

もし、この時、あなたが
マーケットの強者の影響力を真に理解していれば
この大きな上昇相場に簡単に乗れていたでしょう。

あなたがこの先、資産運用に成功して
豊かな未来を手に入れたいと思うなら、
巨額なマネーの動きを知るべきです。

毎月発行されるヘッジファンドニュースレターを読めば
そうした最新情報を知ることができます。

これからは
「自分の資産は、自分で守る時代」です。

この先、年金給付額が減額される可能性も高まります。
また社会保障費や税金など支出が増えることは必至です。

しかし銀行に預けても、お金は増えません。
これからの時代はますます資産運用が重要です。

また証券会社などの担当者もアテにしてはいけません。

あなたが資産運用を始めようとする時に
彼らの意見だけに耳を傾けてはいけないのです。

なぜなら、彼らは投資信託などの金融商品を
売れれば手数料を手にできるのです。

彼らの目標は「売る」ことであり「手数料を手に入れる」ことなのです。
金融商品を買って資産を増やしたい私たちとはゴールが違うのです。

これからは自分で情報を集めて、
マーケットの動きを知り、自分で判断する

ことがとても重要なのです。

この話を聞いて「自分でやるのは面倒だな…」と感じるかもしれません。
その気持ちはとてもわかります。

でも、

正しい情報を知って、自分の判断で投資して資産を増やすのか?誰かに言われるがまま投資して、資産を減らしてしまうのか?

どちらを選ぶべきかは明らかです。

「ヘッジファンドニュースレター」では

■大井幸子による直近のマーケット動向の解説■米国・日本・欧州・新興国などのマネーの動き■ヘッジファンドの最新動向・戦略■日本株と外国人投資家の動き■大井幸子の先読み・深読み

といった情報を毎月1回PDF形式
ご登録いただいたメールアドレスにお届けします。

また、それらの資料の中でも
「特にどこが注目すべきポイントなのか?」といった点を
音声で解説する【音声配信】もおつけします。

ヘッジファンドニュースレターを購読すると…

●大井幸子がウォール街で27年間、築いてきた知見と人脈・ネットワークから得られる情報を手に入れることができる!●マーケット・運用に対する投資のプロ達の考え方を身につけることができ、ワンランク上の投資が可能になる!●新聞・ニュースで報道される以上の情報を手に入れることで、相場に振り回されない投資が可能になる!●他では手に入らない情報を知ることができるため、多角的に情報を検証することができる!

■ヘッジファンドニュースレターの特徴

特徴

数多くの“マーケットの異変”を予言!

商品ページでカートに入れるボタンクリック後、しばらくお待ちください

■プロフィール

プロフィール

■大井幸子「いいね!」応援団からのメッセージ

各界著名人から応援メッセージをいただきました。

五味廣文
田坂康夫
柳内光子

■大井幸子よりメッセージ

メッセージ
商品ページでカートに入れるボタンクリック後、しばらくお待ちください

① 毎月20日以降発行。ニュースレターならびに音声はメールにてお送りいたします。
② 新規購読は1年単位です。購読期間の途中で解約を希望されましても年間購読料のご返金はできません。
期間最終号をもって購読終了とさせていただきます。購読終了時期が近づきましたら、更新のご案内をお送りします(自動では更新されません。ご安心ください)
③ 年間購読料は一括払いとなります。年間購読料 59,000円(63,720円 税込)をお支払いください(銀行振込の場合、振込手数料のご負担をお願いいたします)。
④ 決済方法は銀行振込、カード(Visa、Master、Amex)からお選びいただけます。

【免責事項】
弊社は、弊社が提供するマーケット・為替レート等の状況および予測、並びにパフォーマンス(過去の損益及び実績を含む。)等の情報について、その内容の正確性、信頼性、完全性または適時性を一切保証しません。
弊社は、次に掲げる事項により生じるお客様又は第三者の損害又は損失などについて、その一切の責任を負わないものとします。
①メルマガ内容の誤謬、逸脱、停滞、省略、中断、終了等による損害又は損失。
②メルマガを利用又は参考にして執行した、いかなる種類の商品の取引に関する損害又は損失。
③弊社から提供される情報若しくは分析に依拠した結果被る可能性のある直接的損害、間接的損害、派生的損害またはその他一切の損害又は損失。
④メルマガを利用したことによる通常損害、特別損害、付随的損害、間接的損害、派生的損害、その他一切の損害又は損失
    (逸失利益、機密情報、データ若しくはその他の情報の喪失、事業の中断、人身傷害、プライバシーの喪失、又はその他の金銭的損失を含むが、これらに限定されない。)。
⑤その他、弊社の責めに帰すことのできない事由の発生による損害又は損失。
弊社は、お客様の投資資産における運用の結果生じた損害の全部若しくは一部の負担、又はお客様に対する特別の利益の提供は行いません。

金融商品取引業者 関東財務局(金商)第2795号
株式会社SAIL
一般社団法人日本投資顧問業協会加入