大井幸子とは

大井幸子

《学歴》 慶応大学法学部政治学科卒業 慶応大学大学院経済学研究科博士課程修了 フルブライト奨学生として、米国スミスカレッジ、ジョンズホプキンズ高等国際関係大学院SAIS卒業。 《学会》日本金融学会会員、日本年金学会会員 《所属団体》日本橋倶楽部、東京三田倶楽部 《職歴》 1989年  ムーディーズ社(ニューヨーク) ストラクチャード・ファイナンス部アナリスト 1991年  リーマンブラザーズ、キダーピーボディ(ニューヨーク本社)債券リサーチ、営業 2001年  ニューヨークでSAIL LLC設立 オルタナティブ投資情報コンサルティングに従事 2007年  UBPインベストメンツ・ジャパン 営業戦略担当取締役 2009年  株式会社SAIL 東京にて業務再開 2014年9月 投資助言業登録 戦略的ポートフォリオ・コンサルタントとして投資運用の最前線に立ち、資産保全に尽力

最新セミナー情報 詳細はタイトルをクリック

9月30日(土)大井投資塾 ライフ&マネープラン 8月26日(土)大井投資塾 ライフ&マネープラン 7月22日(土) 大井投資塾 7月8日(土)21世紀資本主義のゆくえ〜世界経済の動向〜 武蔵野大学政治経済研究所主催経済学部講演会

グローバルストリームニュース globalstream-news.com

最新記事地政学リスクは2018年秋口まで続く

前回のリポートからほぼ1ヶ月が経った。その間、9月15日には北朝鮮のミサイルが北海道を通過する事態があり、地政学リスクの高まりから相場にも緊張が走った。この時にはリスクオンからオフへの巻き戻しが瞬時に起こり、円ドルが110-107円で大きく動いた。しかし、危機が去ると相場はまたオフからオンへと転換し、何事もなかったかのように、米国株も上昇し、NYダウ平均株価は15日に最高値をつけた。

 短期的には相場には瞬時の円やユーロのキャリートレード巻き返しが繰り返される。緊迫した朝鮮情勢を見るには、ロシアの動きがキーである。ユーラシアで富国強兵を目指すロシアにとって、朝鮮半島、中国、日本、米国が互いに争い、国力を落とすことが望ましい。そのために北朝鮮を挟んで、米露間ではロシアへの経済制裁を巡り、どの様な交渉が行われるか。

 そして、米国内では今後「ロシアゲート」が表面化してくる兆しがある(FT紙9/15付 “Trump and Russia: What does Robert Mueller know?”)。トランプは弾劾されるか、瀬戸際外交から軍事行動に転じるか? 2018年11月の中間選挙までにはだいぶ見えてくるだろう。しかし、今からそれまでにはいくつかのヤマがある。

 リスクのタイミングとしては、第1に、10月の中国「19大」(第19回中国共産党大会)から2018年2月平壌冬季オリンピックまで。第2に、冬季オリンピック開催後から3月に開催される全人代を終えて、今年と同じように臨戦態勢と軍事的緊張が来年4-6月に繰り返される場合。

 地政学リスクの高まりが意味するものは何か? 平たく言えば、世界の利権の仕切り直し・資源の再分配である。利権にはエネルギー資源のほか、通貨発行権や為替レートへの影響力など金融市場に関わる権益・影響力が含まれる。利権の仕切り直しによって、参加者(メンバー)の交替や各自への配分に変化が生じる。参加国は国益のために今からしのぎを削る外交交渉に入っている。英米の動き、ロシア、中国の動きから、2018年年末には「戦後レジーム終焉後の世界」がうっすらと見えてくるだろう。

無料メルマガで最新情報を受け取る方はこちらから

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

じぶんちポートフォリオ

私は20年以上、ニューヨークでユダヤ系投資家の方々と付き合って、気づいたことがあります。 彼らは金融商品を売る側(セルサイド)に振り回されず、常に100%バイサイドの視点から資産運用・保全を実践しているのです。翻って日本を見るに、日本の投資家には正しい情報が、十分に提供されているとはいえません。 本来セルサイドは、エンドユーザーである投資家の皆様がハッピーになってこそ、繁栄すべきです。車だって欠陥があれば消費者に訴えられますし、すぐにリコールとなります。 しかし、金融商品においては「投資家責任」で販売するものですから、皆がハッピーになれません。これからはバイサイドにある私たちが連帯し、金融商品を正しく判断できる目を養うことが必要です。 「投資家の、投資家による、投資家のためのサービス」を日本で実現したい。 この思いを込めて「じぶんちポートフォリオ」を、作った次第です。

詳細はこちら

ヘッジファンドニュースレター

こんにちは、大井幸子です。ヘッジファンドニュースレターでは、一流のヘッジファンド・マネジャーの投資レターに含まれている貴重な情報を分かり易くお伝えします。 ヘッジファンドは日本では「ハゲタカファンド」等と言われ悪いイメージが強いかもしれません。しかし、彼らは厳しいマーケットで生き残り、成功したトレーダーだけがなれる、少数精鋭、超プロの投資運用集団です。また、日本のマーケットにおける売買代金の約2/3を占め、相場に大きな影響力を持つ外国人投資家達の一部です。 ヘッジファンド・マネジャーはじぶんの資金をファンドに入れ、投資家とは「運命共同体」として運用を行います。彼らは運用会社で雇われたサラリーマン・マネジャーとは異なり、自己資金をリスクにさらしています。 そのため、手の切れるような情報を手に入れ、戦略を考え抜きます。彼らの考え方や相場の見通しについては、同じ船に乗る投資家へ「投資レター」にて毎月真摯に伝えています。投資家もまた、ヘッジファンド・マネジャーのコミュニケーション手段である投資レターを真剣に読み、マネジャーを評価し、ファンドへの信頼を高めるのです。 そして、成功した一部分のヘッジファンド・マネジャーだけが超高給取りになるのです。 私は20社以上ものヘッジファンドをフォローしています。多くの経済リポートやリサーチに目を通したうえで、一流のヘッジファンド・マネジャーの投資レターを読み、その考え方や投資哲学、相場の見方を研究し、金融市場の行き先を読もうと努力しております。そのうえで、私の考えを日本の投資家の皆様へ伝え、皆様の資産保全のお役に立つことをミッションとしております。

詳細はこちら

主な出版物

2016年最新刊『円消滅! ~第二の金融敗戦で日本は生き残れない』ビジネス社 アマゾンで購入する
2015年 『この国を縛り続ける金融・戦争・契約の正体』(共著)ビジネス社 アマゾンで購入する
2013年 『国富倍増 日本国富ファンド:グローバル金融資本主義の政治経済学』志學社 アマゾンで購入する
2012年 『お金の正しい守り方』日本経済新聞出版社プレミア新書
2005年 『ヘッジファンドで増やす時代:全天候型投資で儲ける』(共著)東洋経済新報社
2005年 『ウオール街から日本経済お見通し』あ・うん
2004年 『ウオール街のマネー・エリートたち:ヘッジファンドを動かす人びと』日本経済新聞社
2001年 『魂の求める仕事をしよう:ニューヨーク発よいキャリアの築き方』太陽企画出版
1999年 『アメリカの一人勝ちを許すな:日本に何が欠けているか』太陽企画出版
1999年 『ヘッジファンドで拡大する私募金融市場』東洋経済新報社
mypf-2

メディア出演

最新 2014年3月より日刊工業新聞に「国際金融市場を読む」コラムを毎週金曜に好評連載中 日刊工業新聞日経CNBC テレビ番組「NY x Tokyo Global Crossing」 NHKラジオ深夜便 月曜「ニューヨーク マーケット・リポート」 NHK『BSマネーワールド』「ニューヨーク・リポート」毎月第3土曜 日経Net www.nikkei.co.jp マネー『NYマーケット・ウォッチ』週一回 日経CNBC www.nikkei-cnbc.co.jp フラッシュメール『コラム マーケット・アイ』月一回 エコノミスト 「ヘッジファンド 危機下に投資家たちは今後どう動くのか」 エコノミスト 「レバレッジが抱えるリスク」 エコノミスト 「今年の円・ドルレートはこう動く」 ていくおふ(ANA総合研究所)「商品・サービスのプレミアム化の真髄」 IR実務情報誌プラクティス 「日本のCSR-米国の失敗に学ぶ」 サピオ 「特集・世界のビッグファンドの正体」 アディクタム誌 「米国のミリオネアーに学ぶ資産運用術」連載 アディクタム誌 「NYマンハッタンリポート」

PAGE TOP ↑