公開日: : 大井リポート | 

photo_1027_20120409

 6月23日にEU離脱の可否を問う英国国民投票が実施された。そして、大方の予想に反し、英国は離脱を選択し、その日のうちにキャメロン首相は辞任を表明した。国際金融市場は「まさかの離脱」にショックを受け、24日の相場はリスク資産を売り、安全資産へ逃避するというトレーディングの巻き戻しで世界同時株安となった。

 しかし、週明け27日から売られすぎた株式市場で買い戻され、市場は少し落ち着きを取り戻したように見える。そして、これからEUとの離脱交渉が始まろうとしている。キャメロン首相は10月までは現職にとどまり事態を収拾したいと時間を稼ぎ、なるべく有利な離脱条件を引き出そうと秋までは正式に離脱しない方針である。

 一方、EU側はメルケル首相のリーダーシップのもと、なるべく早く英国には離脱してもらい、その間、他国の離脱を食い止め、団結を強化し、必要な改革を実施していくつもりだ。英国とEU側の思惑は完全にすれちがい、交渉には長い時間がかかるだろう。その間、妥協が成立しないなど先行きに不透明感が増せば、市場は不安から一旦買い戻しても売りに出るなど神経質な展開が続くと思われる。

 「先立つものはカネ」という諺どおり、投資マネーが金融市場の信頼・信認を保てるかどうかが最重要である。投資マネーは経済の潤滑油であり、マネーが市場を潤してこそ、実体経済に油が注がれ、エンジンが回転し、経済活動が活発になる。投資マネーは利益の確実性を求めて動き回り、政治的混迷やリーダーシップの不在といった予測不可能性や不透明感を避けようとする。

 EU経済圏が繁栄を保つには、今後も結束を固め、政治的統一を貫き、明確なリーダーシップと政策を示し続ける必要がある。さもないと、欧州は19世紀的な民族主義によって分断され、既存の政治体制が覆され、自由な資本移動や人の移動が制限され、ポピュリズムとプロパガンダに満ちた暗い革命とテロの混乱の時代へ引き戻されるだろう。

 ただし、イタリア地方選挙では新政党「五つ星党」がローマやトリノの市長を当選させ、スペインでの極左ポデモス党が躍進し、スコットランドが英国から離脱してEU入りを目指すなど、いくつもの兆候が吹き出して来ている。小国分立と内向きの地域民族的政治エゴの噴出で利害調整が難航し、EUが消耗すれば、その勢力が相対的に弱まる可能性はある。

 現実的なマクロ経済の観点から、世界の成長率は英国の離脱によって今年後半には0.7%減、2017年には0.6%減と試算されている。景気減速は必須であるが、景気後退というほどひどくはない。ただし、政治的安定と投資マネーの信頼が持続するという前提に立っての試算である。英国離脱の影響は、米国と中国では限定的と見られるが、日本には大きなマイナスとなる。世界の金融市場で不確実性が高まると投資マネーは円へ逃避する傾向がある。今年後半、来年にかけても円高が進むと筆者は見ている。そのため、日本の大手輸出企業では為替差損が予想され、株価も下げる傾向にある。

 実体経済の面では、EUと英国の交渉が長引き、官僚と弁護士が多くの時間を費やすだろうから、何も決まらない様子見の状況下、通商・貿易面での手続に多くの支障が続出するだろう。

関連記事

no image

【グローバル視点から見た資産の守り方】まとめ1

グローバル視点から見た資産の守り方の動画をまとめました。 『 TPP 』 TPPとは、アメリカがテロ

記事を読む

原油と人民元: 逆オイルショック

 年明けから世界の株式相場が下げ続ける。その要因は何か? 経済・金融のニュースでは、中国リスクや原油

記事を読む

no image

テクニカル要因からみた市場動向

  ここ3カ月のグローバルな資金フローをみると、大きく、1.欧州からの資金流出、2.米国債への資金流

記事を読む

no image

G2の誕生:軍事空間を超えた21世紀の戦争、新しい安全保障とは?

2012年11月、G2(米中)にオバマ大統領と習近平というリーダーシップが確立した。次の10年、

記事を読む

no image

ライボーとはランボーな。。。

 知人の政治学者はLIBORを見間違えてリブロ(書物)と発音しそうになった。「ライボー」とすっと言え

記事を読む

TPP大筋合意で見えてくるものとは?

5日夜遅くに、TPP(環太平洋経済連携協定)の閣僚会合で交渉参加12カ国が大筋合意に至ったという

記事を読む

短期的な相場調整、その後にやってくるE革命

  10月にはS&P500指数が前月比で8.3%上昇し、市場は8月半

記事を読む

通貨、戦争、世界秩序の変わる時

人民元がSDR仲間入り、新たな通貨体制のパラダイムの始まりか? 中国が目指す人民元の国際化が、国際

記事を読む

EU経済統一決壊、巻き戻しと混沌(カオス)へ

   金曜午後に、英国のEU残留が希望的観測にすぎなかったことが判明した。  トレーダー

記事を読む

再燃する通貨安戦争

世界の指導者を含め多くの人が夏休みを取る8月半ば、マーケットは薄商いである。これから年末にかけてFR

記事を読む

  • じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • follow us in feedly rss
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • PAGE TOP ↑