QEが出口に向かうのは、Quick Errorなのか?

公開日: : 大井リポート | 

 米国の量的緩和(QE)でRisk on/Risk offのマーケット環境が続いてきました。ちょっとした材料で楽観的な見方が優勢になると、Risk on、株やジャンク債、新興国などリスクの高いアセットにマネーが向かいました。逆に、景気や相場に悲観的な見方が広まると、Risk off、リスクの高いアセットから米国債など安全資産へシフトしました。

 バーナンキ議長が量的緩和も永遠に続くわけではない、出口を意識していると伝えたことから、Risk offへ投資マネーが一斉にリスク回避に動き始めました。

 6月12日のFT紙トップ記事は、”Emerging market assets hit in sell-off”(新興市場で売浴びせ)です。記事によると、南ア、ブラジル、インドの通貨がドルに対して売られ、新興国債券も軒並み売られています。新興国ファンドは解約が激増しています。

 このとばっちりは日本も受けています。円は比較的安全な資産との認識から、円高、そして日本株安です。円のキャリートレード(円で借りて利回りの高い新興国通貨へ投資)の解消も、その流れに拍車をかけています。

 QEが終わるのは、バーナンキ議長が退任する来年1月と言われてきましたが、今年9月にもQEが出口に向かうという声もあります。そろそろ潮目が変わる時か、あるいは、いままで楽しく鳴っていた音楽が急に止まり、尻餅をつくのがいやな投資家は、既にゲームからの脱出を試みています。

 友人のMさんが茶目っ気たっぷりに、「これをバーナンキのQuick Error (QE)と言ったりしてね」と笑ってましたが。。。

関連記事

no image

総体的奴隷制国家 日本

  Hさんは大学の大先輩。長年大手企業の副社長を務め上げ、定年を迎えられる。先だってお会いしたときに

記事を読む

no image

米国の威信を問う、政府閉鎖の影響

バークレイズの推計によると、このところの「政府閉鎖」のコストはGDPの0.25%にも及びます。迷惑を

記事を読む

no image

米国債は打ち出の小づち

 往年のエコノミスト、ウォージンローア博士のレポート(3月15日付)によれば、米国の民間部門は堅調だ

記事を読む

no image

ジョージ・パッカード先生

ライシャワー博士の昭和史 11月17日の夕方、恩師ジジョージ・パッカード先生の出版記念会が外国特派員

記事を読む

マイナス金利でアベノミクスも正念場

 日銀黒田総裁がマイナス金利を導入し、日本国債10年物も史上初のマイナス金利を付けた。現状の市場心理

記事を読む

日米の雇用のあり方、そして賃金格差について

米国の景気は良いのか悪いのか? 先週金曜、3月の雇用統計が発表され、新規雇用者数は12万6千人と市場

記事を読む

no image

復興トモダチ作戦

 原油価格と金価格が高騰している。バレル当り120ドルを超えれば産油国には莫大な富がもたらされる。石

記事を読む

地政学上のリスク・オンとリスク・オフ

  この一ヶ月、国際金融市場の動きはキナ臭い。国際金融市場という大海原には、

記事を読む

戦後70年、地殻変動に揺れる国際金融市場

昨年、中国主導でアジアインフラ投資銀行(AIIB)が設立された。AIIBは、アジアでの電力など資源エ

記事を読む

八月危機説を検証する

 八月には国際金融市場に危機が起りやすい。1971年八月のニクソンショックでは、米ドルが金との兌換を

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑