霞が関アジア中国塾の開校のご案内

公開日: : 最終更新日:2015/04/02 大井リポート | 

中国インフラ投資銀行(AIIB)が話題になっています。
中国を国際金融市場の中でどう位置づけ、付き合っていけばよいか?

日本には東亜同文書院の頃から、優れた中国研究の伝統があります。
この伝統を21世紀に活かすべく、愛知大学国際中国学研究センターと
アジア連合大学院構想とが共同で、4月からアジア中国塾を開催します。
中国をめぐる学際的な研究を分かりやすく学ぶことができます。

大井幸子も講師の一員として参加致します。

http://www.kasumigaseki-asiachina-school.com

関連記事

長期化する英国のEU 離脱問題と信用逼迫

 英国のEU離脱問題が今後、世界経済や金融市場にどのような影響を与えるのか。  離脱前と離脱後

記事を読む

ユーロ圏は日本化しつつあり、混迷深める国際情勢の中で中国は漁夫の利を狙う

ユーロ圏の日本化を懸念 マーケットは、英米が量的緩和の出口に向かうと確信している。FRBは10月で

記事を読む

no image

忍び寄る米国株バブル

 2008年のリーマンショックで、米国の一般の生活者は大きなツケを払うはめになった。住宅バブルが破綻

記事を読む

嵐の前の静けさ

マーケットの方向感は、各国の通貨・金融政策に左右されてきた。8月後半以降のマーケットは「下げては半戻

記事を読む

英国国民投票、EUの決壊となるか。

今年も前半が終わろうとしている。 昨年12月にFRBが利上げを実施してから年明け1月か

記事を読む

no image

復興ファンドが防波堤になるか? モラトリアム法の堤防がなくなるとき

  日本には基本的人権がない、基本的人権を定めた市民と政府の契約を現政府は守っていないし、守る気も能

記事を読む

今年後半から世界情勢が大きく動き始める予兆

 7月7-8日のG20サミットでは、今年後半から世界情勢が大きく動き始める予兆が感じられた。ISが3

記事を読む

no image

さすがにゲッコーはケッコー!

 リビア情勢が緊迫している。リビアでは国民の教育レベルが低く、原油の埋蔵量があってもその精製など多く

記事を読む

ドイツ国債利回り上昇 市場の変化の先駆けか

4月末頃からドイツ国債(10年物)利回りの上昇、そして米国債利回りの上昇にマーケット参加者の注目が集

記事を読む

no image

テクニカル要因からみた市場動向

  ここ3カ月のグローバルな資金フローをみると、大きく、1.欧州からの資金流出、2.米国債への資金流

記事を読む

  • じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • follow us in feedly rss
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • PAGE TOP ↑