霞が関アジア中国塾の開校のご案内

公開日: : 最終更新日:2015/04/02 大井リポート | 

中国インフラ投資銀行(AIIB)が話題になっています。
中国を国際金融市場の中でどう位置づけ、付き合っていけばよいか?

日本には東亜同文書院の頃から、優れた中国研究の伝統があります。
この伝統を21世紀に活かすべく、愛知大学国際中国学研究センターと
アジア連合大学院構想とが共同で、4月からアジア中国塾を開催します。
中国をめぐる学際的な研究を分かりやすく学ぶことができます。

大井幸子も講師の一員として参加致します。

http://www.kasumigaseki-asiachina-school.com

関連記事

no image

国際金融市場の三つの悪夢

悪夢その一 再び信用バブル 日米欧の量的緩和とゼロ金利政策のおかげで、マーケットには投資資金がだぶ

記事を読む

no image

米国の威信を問う、政府閉鎖の影響

バークレイズの推計によると、このところの「政府閉鎖」のコストはGDPの0.25%にも及びます。迷惑を

記事を読む

no image

自顕流三昧の一日

 11月25日の夕方に羽田から鹿児島へ発った。その前の週に軽いぎっくり腰をやったので心配だったが、な

記事を読む

no image

忍び寄る米国株バブル

 2008年のリーマンショックで、米国の一般の生活者は大きなツケを払うはめになった。住宅バブルが破綻

記事を読む

no image

今、見えている3つの危機

  2014年明けてから、情勢がめまぐるしく変動しています。いつ「想定外」の事態が起

記事を読む

no image

日銀の異次元緩和は世界にデフレを輸出

先週は日米共に、株価が上昇し、ダウ平均株価は最高値を更新し、日経平均株価は1万5千円台を突破しました

記事を読む

短期的な相場調整、その後にやってくるE革命

  10月にはS&P500指数が前月比で8.3%上昇し、市場は8月半

記事を読む

no image

米国は大分裂状態 鳩派で平和主義のイエレン氏が世界を救う?!

米国の「政府閉鎖」の解除と「債務上限引き上げ」問題は、民主・共和両党がギリギリの折衝が続いています。

記事を読む

グッド・フライデー or バッド・フライデー

Designed by Freepik[/caption] 本日はグッド・フライデー。欧米の

記事を読む

no image

デフレ下のスタグフレーション

 米国も日本も凄い勢いで量的緩和を進めています。経済学の常識では、こんなにマネーの供給が増えればイ

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑