バーゼル新規制の行方に注視!第二のサブプライム・ショックに備えよ

公開日: : 大井リポート | 

Basel_Aussicht
Basel Aussicht” by Dimelina. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.
 

日経平均株価が15年ぶりの高値を付け、円安・株高が進んだ。強気筋は、株価が2万5千円を超えていくと予想している。たしかに、GPIFを始めとするゆうちょ、かんぽ、共済組合、日銀と言った公的機関の巨大資金が株式市場に流入し続け、高値圏内で株価が推移する可能性もある。しかし、筆者はすでに株価は山に例えれば9合目まで来たと感じている。

 

ムーディーズが昨年12月に日本の政府債券に対して一段階格下げし、A1と格付けしたのに続き、去る4月27日に格付け会社フィッチが、日本をシングルAに格下げした。同社は格下げの要因として、増大する日本の公的債務への懸念と「成長、金利変動への許容度が低い」ことをあげている。欧米メディアは今更のように日本の財政赤字への不安を書き立て、4月30日には日銀がさらなる金融緩和策に踏み切るという期待が株式相場を押し上げた。しかし、その期待ははずれ、その日の株価が500円近く大きく下げた。

 

筆者は、日本格下げに関して、バーゼル新規制の行方、バーゼル銀行監督委員会が金利リスクに対しどのような新規制を検討するかその結果を注目している。新たな資本規制でシングルA格の国債のリスクウェイトが高まれば、引当金を積むコストに加え、邦銀が国債を売り急ぎ、想定外の金利上昇が起こる可能性がある。

同時に、国債価格が急落すれば、邦銀やゆうちょ、GPIFなど国債を大量保有する金融機関のポートフォリオに大きな損失を抱えることになる。このような場合、日本は海外に蓄えた資産を国内へ引き戻すために円転し、円高に振れる傾向がある。急激な円高は当然、国内の輸出企業にとってマイナスの影響が大きく、株式相場も急落する可能性がある。そうした場合には、短期的な海外マネーが売浴びせ、下げ幅が拡大する。もっとも大きなリスクにさらされるのが日銀となりそうだ。マーケットは日銀のさらなる追加緩和を期待しているが、1992年にイングランド銀行に対してポンドを売り浴びせ、1997年にタイ・バーツを売浴びせたグローバルマクロ戦略のヘッジファンドの荒稼ぎの場となるだろう。

銀行は2007年のサブプライム・ショックのときと同様、リスクアセットの圧縮に動くだろうから、企業金融への引締め、貸し渋り、貸し剥がしが復活する。同時に、国内の公社債市場においても、発行体企業は日本国の格付け(シングルA)がシーリングとなり、調達コストが上昇するだろう。今後3ヶ月、日本企業は信用収縮に備え、警戒すべきときである。

関連記事

no image

【グローバル視点から見た資産の守り方】まとめ1

グローバル視点から見た資産の守り方の動画をまとめました。 『 TPP 』 TPPとは、アメリカがテロ

記事を読む

no image

小室直樹博士と国史

 小室直樹博士は昨年9月に逝去された。77歳だった。天才・小室博士は経済学や法社会学、宗教社会学の本

記事を読む

核セキュリティと米ソ金融戦争

新年度が明けて、株安・円高が進行している。実際、3月31日と4月1日にワシントンで開かれた第4回核セ

記事を読む

no image

円高、日本株続落

 日本の未曾有の大地震と大津波の爪痕はまるで戦後の焼け跡のようだ。保険という保険会社(生損保、再保険

記事を読む

英米で高まる「悪いインフレ」への懸念

先週の本コラム(http://globalstream-news.com/wp/ohi-report

記事を読む

米ドルへ世界の資金が流入

8月末から通貨市場に変化が起こっている。日本では円安・株高の動き。円は103円台から110円近くまで

記事を読む

ギリシャと中国 想定外のリスクにどう対応するか? 

ギリシャのデフォルトやユーロ圏離脱の可能性について、ギリシャは資本統制と銀行閉鎖でモラトリアム状態で

記事を読む

ロシア・ゲートと北朝鮮情勢

 北朝鮮の脅威は米国のみならず日本にもその矛先が向けられている。5月27日G7会合の後、安倍首相が北

記事を読む

続く通貨安戦争、世界経済の減速、エボラ出血熱の拡大、イスラム国家の勢力拡大等

通貨安戦争は続く G20の中央銀行総裁や財務長官が集う機会の多い10月、11月。世界経済の減速、エ

記事を読む

「富裕バブル」が終わるとき

1990年代から米国ではバブル生成と破たんというマーケットサイクルが繰り返されている。直近のバブル

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑