小康状態の相場、そして長期的に二極化する労働市場、ガバナンスからほど遠かった東芝

公開日: : 大井リポート | 

ギリシャ危機と中国株式の急落が落ち着き、やや小康状態を取り戻している。どちらも「臭い物にフタ」をしただけで、根本的な解決策には至っていない。こうした環境下、中国の信用市場でロング・ショートを行う知人のヘッジファンドは、ローカルの市場を深く知る運用者にとって絶好の収益機会だと語る。7月に上海株式市場は13%下げたが、年初から7月末まで見ると世界の株式市場の中で最も高いリターンを上げている。下げ幅が大きかったのは原油や鉄価格で7月に20%近く下げ、ショートを得意とする目利きの運用者にとってはチャンス到来だった。
さらに、FRBによるゼロ金利解除間近という見通しから、新興市場では資金流出が続いたが、ここに来て通貨・債券市場のリスクの度合いを示すボラティリティ・インデックスは下がり、小康状態を保っている。ヘッジファンド運用者は、FRBの利上げもすでに織り込まれ、今後の相場変動も十分予想可能であると自信を見せている。先週のFOMCにおいて、9月利上げの可能性を完全に否定する材料は見られなかった。米国GDPとインフレに関するデータは早めの利上げをサポートするだろうし、金曜発表の雇用統計が注目される。
米国の雇用に関しては、これから10年で失業率や低賃金が大きく改善される見通しは暗そうだ。これには人工知能を備えたロボット開発による第二の産業革命の波と高齢化という人口動態が影響しており、米国のみならず日本やG7の先進国にも当てはまる。この二つのマクロ的要因は避けようがない。
マーティン・フォード氏は近著「ロボットの台頭」で、2025年までに今ある3つに1つの職がソフトウェアかロボット、スマート・マシンに置き代わり、人工知能を備えたロボットが50%から75%の実務を代行できるようになると述べている。これが新たな産業革命で、人間は単純な肉体労働から解放され、よりメンタル集中型の仕事に就くようになると予告している。
米国ではベビーブーマーの高齢化の波が押し寄せているが、実態は55歳以上の世帯主の29%が年金も預貯金もないという。統計によれば、55-64歳の貯金高は10万4千ドル、65-74歳では14万8千ドル(中央値)で、多くの年金生活者は生活費のために低賃金でも働かざるを得ない。

 

(ワシントンポスト紙8月2日記事 ”A retirement storm is coming. Are you prepared?” by Micelle Singletary)
http://www.washingtonpost.com/business/get-there/a-retirement-storm-is-coming-are-you-prepared/2015/07/30/388b60d0-3580-11e5-8e66-07b4603ec92a_story.html

 

 

同様の状況は、団塊の世代が退職し年金生活にシフトする日本でも見られる。高齢者が生き甲斐を持って働き続けることは素晴らしいが、若年層の就労の機会を抑制してしまうと、ロボット以下の低賃金で働かざるをえない非正規雇用が増え、労働市場はますます二極化し、世代間格差と賃金格差が広がり、中間層の存続は益々困難になり、政治的には不安定化しそうだ。
最後に、日本株についてひと言。東芝の組織ぐるみの不正会計問題は、2001年12月のエンロン、そして、02年7月のワールドコムの不正会計問題に匹敵するほどのインパクトがあると思う。米国では決算報告書をごまかすのは犯罪であり、エンロンとワールドコムをきっかけに大手企業の不正が次々と明るみに出て、大手監査法人アーサーアンダーソンも解散に追い込まれた。2001年世界同時多発テロに続き、02年の株価も下がり続け、米国経済は不況に陥った。
日本でも東芝以外の大手企業でも会計不正疑惑が明るみに出る可能性がある。大企業のサラリーマン社長はヨコ並びだし、オリンパス事件でもそうであったように、不正がいったん隠蔽されると前任の社長が決めたことを次の社長が引き継ぎ、そのまま隠し通すため、内部告発がない限りなかなかオモテには出ない。同様の内部告発の動きがあっても不思議ではない。東芝の不正事件は米国でも集団訴訟が始まりつつあり、社外取締役も「お飾りだった」ではすまされない。企業統治・ガバナンスの観点から、「臭い物にフタ」をせずに解決するまでしばらく時間がかかるのではないだろうか。

 

「お飾り」だった東芝の社外取締役、内部統制の専門家、八田進二氏が語る企業統治の「魂」(小笠原啓 8月4日、日経ビジネス)
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/073100058/?rt=nocnt

関連記事

no image

活きたおカネの使い方、復興ファンド

  「復興ファンド」を提案する。増税の前に今あるおカネを十分活かす必要がある。現場を知る人、専門知識

記事を読む

no image

世界の流れGS-NEWS

「SAILの大井幸子です。 私たちの周りには世界中のニュースが無数にあります。私たちが日本人とし

記事を読む

no image

シリアよりシリアスな「財政の崖」と「政府閉鎖」

  江戸の古典落語「風が吹けば桶屋が儲かる」をご存知ですか。「風が強い日には砂埃がまって目を悪くする

記事を読む

伊勢志摩サミット、消費税増税見送りの後に来るもの

 5月後半の注目は伊勢志摩サミットである。安倍政権としてはサミットを成功させ、7月の参院選を勝利に持

記事を読む

no image

またもやToo Little, Too Late

 福島原発の危機を救えるのはオールジャパンのレスキュー隊だ。彼らだけがリスクに立ち向かい、身を呈して

記事を読む

no image

日本にこそ必要な政府系ファンド

 本日FT紙(10月12日付け)で、中国とロシアの政府系ファンド同士が共同で投資を行う新規の中露ファ

記事を読む

no image

米国の中東政策、失敗した大戦略

 シリアの内戦が激しさを増し、多くの市民が化学兵器の犠牲になっています。ウォールストリート紙ウィーク

記事を読む

マイナス金利の行き着くところとは

 「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざがある。何か事が起こると、一見すると関係のないところでその

記事を読む

戦後70年、地殻変動に揺れる国際金融市場

昨年、中国主導でアジアインフラ投資銀行(AIIB)が設立された。AIIBは、アジアでの電力など資源エ

記事を読む

一難去ってまた一難 緊縮財政への反乱や実物資産は上昇か

25日のギリシャ総選挙で、緊縮財政に疲弊したギリシャ国民は急進左派シリザ党を支持した。 チプラ

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑