米大統領選挙とミレニアル世代の社会変革

公開日: : 大井リポート | 

lgi01a201406240100

米国大統領選挙では、州ごとに民主・共和党の候補者指名獲得戦が繰り広げられている。民主党では、ヒラリー・クリントン対バーニー・サンダーズ、そして、共和党では、ドナルド・トランプ対テッド・クルーズの戦いとなっている。

日本では、サンダーズやトランプといった候補者がなぜそれほど勢いづいているのかよく理解できない。サンダーズ氏は74歳、バーモント州出身のユダヤ人で、自らを「社会民主主義者」と位置づけている。トランプ氏は69歳、一代で成り上がった不動産王で、メディアへの派手な露出や言動で話題に欠かない。両者ともに強烈な個性の持ち主で、従来の政治的エスタブリッシュメントに属さないという共通点がある。

一体、米国国内の政治情勢はどうなっているのだろうか。筆者は、21世紀のこれからの米国社会を担う「ミレニアル世代」の動向から目が離せない。この世代は、1980年代から2000年代初頭に生まれた17歳から30歳までの若者である。この若い世代は、民主党の候補予選投票で、男女共に8割が反クリントン票を投じたのだ。理由は、クリントン氏がかつて上院議員としてイラク戦争容認に票を投じたこと。サンダーズ氏はこれには反対票を投じ、また、全公立大学の無料化と国民皆保険運営を主張しており、若い世代の支持を取り付けている。

ビル・クリントン大統領時代に労働長官を務めたロバート・ライシュ氏は、若者の動きは格差拡大に起因していると論じている。リーマンショック後、貧富の格差は拡大し、実質賃金も減少し、平均的世帯の収入はインフレ調整後で16年前と比べて低くなっている。金融危機を引き起こした投資銀行などの大手金融機関は政府の手厚い救済措置をうけ、CEOの年収は増え続けている。権力は富める者に集中し、2千億円もの資金を必要とする大統領選挙において、わずか4百人のスーパーリッチな人々が選挙資金の3分の1を牛耳っているという。政治もメディアも浮き世離れしている。現実との乖離が甚だしいのだ。

参考記事 Robert Reich, “The End of the Establishment”
http://www.realclearpolitics.com/articles/2016/02/23/the_end_of_the_establishment_129755.html

世の不正義に怒る若い世代は、卒業と同時に、就職難と奨学金の返済に四苦八苦しながらも、独立志向が強く、小さな政府を好む傾向がある。彼ら望む社会変革がどのように起こるのか。7月には両党の大統領候補者が決定する。クリントン、トランプいずれの候補も嫌日的な模様だ。クリントン氏は既に、米の国益のために円高・元高を求めている。

今週の大井リポートは2本立てです!

国際金融市場、日本市場の見通し

国際金融市場、日本市場の見通し

関連記事

no image

中国封じ込めと新たな日米関係

 泥の中に根を張り咲き誇る蓮の花――アウンサンスーチーさんはその大輪のよう。美しいアウンサンスーチー

記事を読む

新手のCDS取引とハゲタカ・ヘッジファンド

2015年新年おめでとうございます! 本年は戦後70年と節目の年となりそうですね。さっそく、本

記事を読む

no image

震災復興には財源と電源確保を

 東京在住の米国市民には退避勧告、放射能に対する予防や必要な薬の配布など毎日のように米国大使館からメ

記事を読む

グローバルマネーは安全資産の円と米国債へ

出典:ブルームバーグ[/caption]  7月になりました。第二四半期(4−6月期)が終わ

記事を読む

サイバーマンデーに見える米国の個人消費

米国では本格的なクリスマス商戦が始まった。感謝祭(木曜日)の翌日は多くの人々が買い物に殺到し、小売店

記事を読む

no image

流動性の罠と新たなBIS規制

 ギリシャ危機を未解決のままずっと引きずってきた欧州の政治指導者たち。次にスペイン、イタリアへの財政

記事を読む

no image

BRICsのデカップリング

  マーケットは、FRBの2%インフレ目標が達成され、量的緩和縮小(テーパリング)は

記事を読む

no image

TPPと次の10年

  昨年は「平成の開国」と取り上げられたTPP(環太平洋経済連携)がクローズアップされている。ちょう

記事を読む

no image

福島原発の損害額見積もりは366兆円

 昨日夕方の大きな余震を受けて、福島原発の問題が早期に収拾するどころか、同じような問題が繰り返し起こ

記事を読む

no image

潮目が変わるとき

 7月5日に米国の失業率(6月)が発表になりました。米国の景気は上向き、FRBによる量的緩和(QE)

記事を読む

  • じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • follow us in feedly rss
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • PAGE TOP ↑