FRB利上げ後、日本はどうなる?

公開日: : 大井リポート | 

マーケットでは6月のFOMCで金融政策が「正常化」に向かうとの見方が強くなって来ている。米国は量的緩和策の出口に向かっている。

 英米が利上げに向かうなか、その他の先進国の国債の金利はマイナスである。日銀やECBのマイナス金利政策は、金融市場で債券投資にマイナスの影響を及ぼしている。通常、債券価格の理論的根拠となるリスクフリーレート(政策金利)がマイナスとなり、投資家はわずかなリターンのために大きなリスクプレミアムを払わされ、信用リスクに対する合理的なリターンが形成されなくなっている。このままでは債券市場が正常に機能しなくなっていく恐れがある。

 さらに、為替に関しては、自国通貨安を目指してマイナス金利を深化するものの、実際はそうはならない。通貨安は通常、自国の輸出産業を有利にし、GDPを押し上げるはずだ。しかし、弱い通貨はキャリートレードの餌食になり、理論通りに機能しなくなる。

 たとえばアベノミクスの「円安・株高」は、外国人投資家が円ショート・日本株ロングのポジションを取り続ける限りは実現可能である。しかし、キャリートレードは投機的投資家による短期的なヘッジ手法であり、永遠には続かない。リスクオフとなれば、巻き戻しが起こる。ショートカバーの円買い、日本株売りで、円高・株安に動く。よって、日銀がマイナス金利を深化させれば、債券市場が壊れかかり、かえって円高、デフレ圧力が高まるリスクがある。インフレ目標達成どころか実質金利の低下を招き、実体経済にとってもマイナスになるだろう。

 英米が金利の「正常化」に向かうなか、世界の投資マネーは米ドルへと還流している。昨年12月のFRB利上げ後の相場動向が繰り返されるとなれば、この夏も利上げ後には、株安、円高、新興国市場リスクの高まり、資源国通貨安といった市場の混乱に要注意である。とりわけロシアは、3月半ばから原油高のおかげで4月半ばまで大きなリターンを上げたが、その分大きな下げに転じる可能性がある。

参考 ブルームバーグ記事(5月16日付け)
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-05-15/hedge-funds-reap-big-rewards-from-roller-coaster-russian-markets

 マーケットの不安定化に加え、6月には英国のEU離脱問題、7月には米国の大統領選挙、日本の参院選など各国で政治的リスクが高まる可能性がある。世界からみると、日本は日銀がインフレターゲット、財務省が財政規律、官邸が財政出動と、それぞれが政策目標を掲げ、国として何を目指しているのか芯のある一貫したストーリーが見えて来ない。そのため、しっかりしたFRBとの対話、市場との対話が出来ていないのではないか。

 6月以降この夏の相場については、突然のイベント(危機や戦争)で高まるリスクが懸念される。個人投資家は株式でしこっていれば益出しし、現金を手元に積んで、下がった所で買いに行けるチャンスを待つときかもしれない。

関連記事

FRB金利据え置きで、英国国民投票、日本のマイナス金利はどうなる?

15日、イエレンFRB議長は金利据え置きを決定した。米国経済の低調な成長見通しと、23日に実施され

記事を読む

no image

ウォジンローア博士による金利予測

中間選挙までの金利動向について 前の四半期と比べてマクロ的な環境はそれほど変わっていない。経済成長率

記事を読む

原油安の先にあるものとは?

先週はドラギ総裁の超低金利政策続行のニュースにマーケットが好感し、日銀の次なる緩和策にも期待が高まっ

記事を読む

ギリシャと中国 想定外のリスクにどう対応するか? 

ギリシャのデフォルトやユーロ圏離脱の可能性について、ギリシャは資本統制と銀行閉鎖でモラトリアム状態で

記事を読む

no image

春節、金融パニックの始まりか?

 1月のFOMCで量的緩和縮小を続けることになり、日本を初め、米国、英国、欧州市場で株価が大きく下げ

記事を読む

不安定化する世界情勢、中央銀行の金融政策は効かなくなる

不安定化する世界情勢 週明け、アイシス(ISIS: Islamic State in Iraq a

記事を読む

トランプ最初の100日で見えてきた「戦後レジームの終焉」

 3月半ばは、トランプ政権の主要閣僚らが世界を飛び回る外交に多忙を極めた週だった。ティラーソン国務長

記事を読む

旧き良き時代の「米ソ冷戦」 大国はいかに生き延びることができるのか

"Reagan and Gorbachev hold discussions" by このファイルに

記事を読む

世界経済の先行きに対する10の警告。下げ相場に備えるとき

マーケットは、来週のFRBによる利上げを織り込んでいるが、じっさい来年の見通しはどうなのか。原油価格

記事を読む

no image

暑くて苦しい夏が来る?

第一四半期の米国企業の業績発表に株式市場は好感している。しかし、高まる米国のイラン攻撃の可能性、イス

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑