EU経済統一決壊、巻き戻しと混沌(カオス)へ

公開日: : 大井リポート | 

 igirisu

 金曜午後に、英国のEU残留が希望的観測にすぎなかったことが判明した。

 トレーダーは急遽、「リスクオフ」への巻き戻しを迫られ、リスク資産を売り安全資産へ逃避した。その結果、世界株式同時安、円やドイツ国債、金(ゴールド)が上昇した。原油はやや下げた。英国EU離脱をふまえ、英米の金利は今後、当面据え置きとなるだろう。

 週明け27日の市場では、売りすぎた相場にやや買いが入るだろうが、その際にショートカバーが入り、相場が2割近く戻すかもしれない。しかし、週の後半にかけてはズルズルと力なく下げ、「2、3割戻しては下げる」展開が続くと予想される。

 今後、ローカルなプロパガンダで人心をつかんだ離脱派の勝利が、欧州各国の極右政党や極左、分離派を勢いつかせるだろう。彼らが政権を取ったとしても国際金融資本との協力関係を築くのは困難であるから、このボラティリティが収束するまでは、地政学リスクが高まり、方向性の定まらない混沌とした相場展開が続くと見られる。アベノミクス相場も終了し、日本経済はリーマンショック後の信用逼迫でとった「貸し剥がし」など銀行の過去を同じように繰り返えしてはならない。

関連記事

日銀マイナス金利の効果は?今後の相場展開は?

先週、日銀がマイナス金利を発表し、多くの市場関係者にとってサプライズとなった。円安・株高を狙

記事を読む

6月後半マクロ的見通し

 国家金融資本主義の時代、経済、金融、国際政治、地政学リスクは全てパッケージで捉えないと世界

記事を読む

原油、ドル、そして金利

 リーマンショックから8年たとうとしている。国際金融市場はどこへ向かおうとしているのか。  2

記事を読む

no image

【グローバル視点から見た資産の守り方】21世紀の次の10年

これからの10年、世界でどうゆうことが起きて行くかについてビデオを制作いたしました。アメリカの大戦略

記事を読む

アメリカ大統領選挙は経済成長の恩恵が激減した中間所得層が勝敗の鍵

 9月2日に発表された8月の米国雇用統計では、新たな雇用創出件数が15万千人と、予想の18万

記事を読む

嵐の前の静けさ

マーケットの方向感は、各国の通貨・金融政策に左右されてきた。8月後半以降のマーケットは「下げては半戻

記事を読む

デフレ不況に効く金融政策とは?

QEに向かうECB 4月4日の欧州中央銀行(ECB)理事会後の会見で、ドラギECB総裁が、量的緩和

記事を読む

米大統領選挙とミレニアル世代の社会変革

米国大統領選挙では、州ごとに民主・共和党の候補者指名獲得戦が繰り広げられている。民主党では、

記事を読む

日本の成長を阻むものとは

 日頃、筆者は国際金融市場の動向についてウォッチしているが、金融市場が実体経済からますます剥離してい

記事を読む

no image

回復は脆弱か?堅調か?見方が分かれる米国経済。30日の今年第三四半期の成長率によってはデフレ・リスク拡大へ

今週は国際金融市場にとって注目すべきニュースが重なる。まず注目は28−29日の米国連銀の政策決定会議

記事を読む

  • じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • follow us in feedly rss
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • PAGE TOP ↑