EU経済統一決壊、巻き戻しと混沌(カオス)へ

公開日: : 大井リポート | 

 igirisu

 金曜午後に、英国のEU残留が希望的観測にすぎなかったことが判明した。

 トレーダーは急遽、「リスクオフ」への巻き戻しを迫られ、リスク資産を売り安全資産へ逃避した。その結果、世界株式同時安、円やドイツ国債、金(ゴールド)が上昇した。原油はやや下げた。英国EU離脱をふまえ、英米の金利は今後、当面据え置きとなるだろう。

 週明け27日の市場では、売りすぎた相場にやや買いが入るだろうが、その際にショートカバーが入り、相場が2割近く戻すかもしれない。しかし、週の後半にかけてはズルズルと力なく下げ、「2、3割戻しては下げる」展開が続くと予想される。

 今後、ローカルなプロパガンダで人心をつかんだ離脱派の勝利が、欧州各国の極右政党や極左、分離派を勢いつかせるだろう。彼らが政権を取ったとしても国際金融資本との協力関係を築くのは困難であるから、このボラティリティが収束するまでは、地政学リスクが高まり、方向性の定まらない混沌とした相場展開が続くと見られる。アベノミクス相場も終了し、日本経済はリーマンショック後の信用逼迫でとった「貸し剥がし」など銀行の過去を同じように繰り返えしてはならない。

関連記事

TPP大筋合意で見えてくるものとは?

5日夜遅くに、TPP(環太平洋経済連携協定)の閣僚会合で交渉参加12カ国が大筋合意に至ったという

記事を読む

「富裕バブル」が終わるとき

1990年代から米国ではバブル生成と破たんというマーケットサイクルが繰り返されている。直近のバブル

記事を読む

no image

フォークランドの領有権

私の妹は米国マサチューセッツ州ボストン郊外に住んでいる。 今月末に一時帰国する予定だが、「この時期

記事を読む

no image

今週注目のFOMC (連銀公開市場委員会)

 先週24日(金)のFT紙トップ記事は「アルゼンチン・ペソが2002年以来の大幅下落」(ペソは前週比

記事を読む

バーゼル新規制の行方に注視!第二のサブプライム・ショックに備えよ

"Basel Aussicht" by Dimelina - . Licensed under

記事を読む

QEバブル終焉の始まりか? 米国ハイテク銘柄の落ち込み

 4月に入ってから、米国株式の長期上昇の原動力だったナスダック総合指数の崩れが目立っている。ソーシャ

記事を読む

日本株、日本国債 外国人投資家の動向が影響  バーゼル新規制が引き金になるか?

日経平均株価が2万円台に達し、その勢いはどこまで続くのか。 昨年10月から原油安とコモディティ

記事を読む

パリのテロ事件、国際金融市場はどうなる?

Freepikによるデザイン   11月13日(金)にパリで大規模なテロが

記事を読む

no image

福島原発の損害額見積もりは366兆円

 昨日夕方の大きな余震を受けて、福島原発の問題が早期に収拾するどころか、同じような問題が繰り返し起こ

記事を読む

北朝鮮情勢は山場へ アメリカの混乱とそれに乗じる国々

風薫る5月。米国では29日がメモリアルデー(戦没者追悼記念日)である。 トランプ大統領はこの2

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑