「米国第一主義」トランプフレーションの効果とゆくえ

公開日: : 大井リポート | 

By Gage Skidmore, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=51041412

By Gage Skidmore, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=51041412

 11月24日は米国の感謝祭で、家族で感謝祭を過ごすために移動する人々で今週は空港が混雑し、4350万人が車で移動したために道路が大渋滞した。その翌日からはクリスマス商戦が本格化し、一年で最も華やいだ季節がやってくる。

 このところ株式相場も華やいでいるようにみえる。ダウ平均株価は1万9千ドル台に達し、市場最高値を更新している。主要な景気指標は好調で、耐久財受注が前月比で4.8%と大きな伸びを見せ、小売り売上高、住宅着工件数や雇用関連指数も良好である。12月13日にはFRBの金融政策決定会議で0.25%の利上げが確実視されている。

 トランプ次期大統領決定後の相場はトランプ・リフレーション、略して「トランプフレーション」と称されている。トランプ政権がインフラ整備などで財政支出を拡大し、リフレーションを起こし、米国を成長させるというシナリオに期待感が高まっている。この楽観的期待が今、株価とコモディティ価格を押上げ、債券価格下落から金利が上昇し、他の通貨に対してドル高を招いている。市場では、エネルギー、工業株、素材関連セクターが買われている。

 トランプフレーションは「米国第一主義」、米国を再び偉大な国にすることを目指すものだが、他国への影響はどうか。ドル高で、米国と新興国の株式市場では明暗が分かれている。マレーシアでは1998年のアジア通貨危機以来の下げ幅となった。先週のマレーシア株式市場からは250億ドルもの資金流出が見られた。ドル高金利高で、今後も新興市場から米国へとドルが吸い上げられていく動きが続きそうだ。

 米国内でも条件反射的に上げたトランプフレーション相場は、22日にはすでに一服した。23日には、インフラ整備の原資や不足がちな労働力をどこから調達するのかといった現実的な課題が検討され、新政権発足以降は、期待感で膨らんだ株価も冷静に見直され、やや修正がかかるかもしれない。

 また、来年以降はゆるやかな金利上昇となり、今後5年で米国債の10年物利回りが6%まで上昇するという予想がある。金利上昇は住宅ローン金利の上昇に直結する。個人の資産管理もまた、ゼロ金利からリフレーションへの転換に備える必要がある。

 さて、日本市場は円安・株高の勢いで、輸出企業の年末決算にもプラスとなりそうだ。また、債券市場では、イールドカーブ・コントロールで日銀が長短期金利を管理している。日本に投資するヘッジファンドも年末までは円ショート・株ロングのポジションでおおいに稼げるだろう。問題はその先である。トランプ新政権発足後、TPPなど日本にとって重い課題が待ったなしでやってくる。

関連記事

日本株、日本国債 外国人投資家の動向が影響  バーゼル新規制が引き金になるか?

日経平均株価が2万円台に達し、その勢いはどこまで続くのか。 昨年10月から原油安とコモディティ

記事を読む

no image

新興国の政治不安と金融危機について

 ウクライナ、スーダン、ベネズエラ、タイ国では、連日デモ隊と治安部隊の衝突が報じられています。  国

記事を読む

変調をきたす債券市場 ばらまけど 誰も拾わぬ ヘリマネー

 11月8日の米国大統領選挙が2ヶ月後に迫り、「中央銀行相場」の出口も近づいている。このとこ

記事を読む

バブルと中央銀行の役割  ギリシャ危機と上海株バブルを考える

そもそも中央銀行の役割は、自国の物価安定に加え、雇用や成長を促す金融政策を実施することにある。ところ

記事を読む

no image

フェニックス救援隊といっしょに女川へ

3・11大震災から1年たってようやくボランティア活動の機会に恵まれた。東北被災地で救援活動を行ってい

記事を読む

no image

日本人は日本を見捨てて生きていけるのか

 今週のダイヤモンド誌「日本を見捨てる富裕層」は興味深かった。同誌が描くジャパン・リスク(円高、デフ

記事を読む

世界経済・国際金融市場の動向を見る時の3つのポイント 米国金利、中国そしてドイツ経済

世界経済・国際金融市場の動向を見る上で、気になるポイントが三つある。   米

記事を読む

no image

経済的合理性を貫けない政治は国を滅ぼす

 大衆迎合主義や衆愚政治は、国家財政の破たんと大量失業といった経済的な苦難を国民にもたらす。  国

記事を読む

サイバーマンデーに見える米国の個人消費

米国では本格的なクリスマス商戦が始まった。感謝祭(木曜日)の翌日は多くの人々が買い物に殺到し、小売店

記事を読む

no image

金融市場が実体経済を反映する

プリンストン大学での一日 昨日はプリンストン大学東アジア研究所のセミナーにゲスト・スピーカーとして参

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑