ECBさらなるQE、TLTROsやABS購入でリスクマネーは成長戦略へ?

公開日: : 大井リポート | 

6月第一週には、Dディ70周年、天安門事件から25年に加え、ECB 利下げにより、主要国で初めて預金金利がマイナスになるという歴史的記念日が重なりました。

FT紙のウィークエンド版の挿画——ノルマンディー上陸作戦の兵士に扮したドラギECB総裁と札束、うしろに控えるQE印(クィーンエリザベス号ではなく、量的緩和Quantitative easingの略)の大型船—— が、多くを示唆しています。QE号はこれから陸地に近づいてきます。さらなるQEで欧州の中小企業へリスクマネーを回し、欧州版「成長戦略」を支える産業金融を整備する必要に迫られています。

欧州の企業金融においては銀行の力が強く、資本市場で資金調達を行う直接金融が発展した米国型と異なり、どちらかというと銀行と長期のリレーションを重んじる日本のメインバンク制度に類似しています。欧州では、中小企業の資金調達はほとんどが銀行からの融資(間接金融)で、雇用もまた中小企業に支えられています。ドラギ総裁の政策で注目されるのは、中小企業への融資を促すTLTROs(ターゲット付長期リファイナンス・オペレーション)です。手始めに4千億ユーロの規模で実施されます。また、ECBではTLTROsに加え、資産担保証券(ABS)市場におけるアウトライトの資産購入に関して準備作業を始めています。ABS購入など直接金融に近いところで活きた資金を循環させる動きに注目です。

 

TLTROsとは

TLTROs= Total Long term refinancing operations

ターゲット付長期リファイナンス・オペレーション = 特に家計や企業に対する新規融資を提供するさいに、市中銀行が低利で融資をするために、上限金利を ECBが設定

LTRO= Long term refinancing operation

長期リファイナンス・オペレーション =市中銀行に低利の融資を提供

ECBはこれまで、LTROにより市中銀行に低利の融資を提供してきた。TLTROsでは、長期流動性供給オペ(LTRO)の対象を絞るため、家計や企業に対する新規融資実績に応じた上限金額を各行に設定する。

 

これまで行われて来たLTROでは中小企業への貸出が伸びないために、今回のECB理事会ではTLTROsを行う判断したのではないかと思います。現状、銀行はBIS規制によりリスク・アセットを積めません。また、マイナス金利にして、預金をおいておくとペナルティをとるので、とにかく貸し出せという、無理矢理なやり方です。銀行では融資の審査はあるので、新規の融資をどれだけ行ったかという実績を示す事で、上限金利を設定するぞといって、ECB(中央銀行)が市中銀行を脅しているようなものです。それだけでは十分でないため、直接金融的な手法である、ABS購入も合わせて行うという思惑なのではないかと思います。

日本でもこのところ、「資本性ローン」の導入など、政府系金融機関が中小企業の資金調達を助けています。そもそも、日本では、欧米と異なり、起業から成長初期段階にかけての企業金融において、日本公庫や商工中金といった政府系金融機関が重要な役割を果たしています。さらに、市町村単位で小口の融資を行う「信金・信組」、都道府県単位の「地銀」、全国レベルの「商業銀行」と、事業の成長ステージに合わせた「融資エスカレーター」構造が整備されてきました。(注)

米国では、起業や新規事業に投資するベンチャー・キャピタル、成長著しい未公開企業の資本に投資するプライベート・エクイティ、企業が直接ジャンク債や資産担保証券(ABS)を発行して資金調達を行う直接金融が発達してきました。欧州の金融市場は、日本と米国の中間あたりに位置します。

日本の間接金融型では銀行がBIS規制によりリスクマネーが収縮し、さらに銀行が企業から貸し剥がしを行うといった問題が見られます。また、米国の直接金融型では、投資銀行の行き過ぎたアニマル・スピリットがリーマンショックを引き起こすなど、常に資本市場には潜在的なシステミック・リスクが伴います。興味深い事に日米は景気刺激策として強力な量的緩和を行い、米国が量的緩和縮小に向かう一方、日本は日銀が国債購入による緩和策を続けています。欧州でも成長資金をいかに中小企業に回すかがキーとなります。

一方、日本では、目先の景気浮上の目的で、政府が資本市場に政策的な介入をする歪さが目立ちます。官製ファンドが乱立し、GPIFの運用方針変更で12兆円が日本株へ配分される動きなど、政府が資本市場を操作することで成果を急ぐと、かえってモラルハザードが起こり、健全な資本市場の発展が阻害されます。結果、長期的なリスクマネーが新規事業の成長に回らなくなるという逆効果となります。

注: 参考文献 小松啓一郎「中小企業金融行政に見る日英の産業・企業文化」日本政策金融公庫論集第18号、2013年2月)

関連記事

地政学リスクと米国利上げは世界の債券市場に大混乱をまきおこす

地政学リスクが一気に高まっている。ウクライナ東部でマレーシア航空の旅客機が撃墜され、また、中

記事を読む

ギリシャと中国 高まる金利変動リスク

金融市場は、ギリシャ危機と中国株式市場のバブル破綻への懸念で揺れ動いている。CNBCキャスターのロン

記事を読む

ギリシャと中国 想定外のリスクにどう対応するか? 

ギリシャのデフォルトやユーロ圏離脱の可能性について、ギリシャは資本統制と銀行閉鎖でモラトリアム状態で

記事を読む

人民元国際化と「アメリカンドリーム」

11月30日に、国際通貨基金(IMF)は中国人民元を米ドル、ユーロに次ぐ第三の通貨に位置づけることを

記事を読む

no image

財政規律はどこへ: モラルハザードはいつまで続くのか

 ギリシャ問題が欧州市場を不安に陥れている。ギリシャの財政赤字はちっとも改善していないし、ギリシャ政

記事を読む

no image

復興トモダチ作戦

 原油価格と金価格が高騰している。バレル当り120ドルを超えれば産油国には莫大な富がもたらされる。石

記事を読む

no image

デフレ下のスタグフレーション

 米国も日本も凄い勢いで量的緩和を進めています。経済学の常識では、こんなにマネーの供給が増えればイ

記事を読む

no image

借金を増やしても生活は楽にならず

 21日のFRB(米国連銀)は予想通り、さらなる金融緩和策を決定した。「ツイスト・オペレーション」を

記事を読む

再び株高とテーパリングについて

ダウ平均株価は最高値を更新しています。日本の株価もまた連れ添って上昇しています。多くの投資家がテーパ

記事を読む

八月危機説を検証する

 八月には国際金融市場に危機が起りやすい。1971年八月のニクソンショックでは、米ドルが金との兌換を

記事を読む

  • じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • follow us in feedly rss
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • PAGE TOP ↑