今年後半から世界情勢が大きく動き始める予兆

公開日: : 大井リポート | 

 7月7-8日のG20サミットでは、今年後半から世界情勢が大きく動き始める予兆が感じられた。ISが3年も支配したモスルが奪還され、原油をめぐる市場では、米露を除く産油国では問題が山積している。例えば、ベネズエラは経済が破綻し、サウジとカタールは外交上断絶、リビアは無政府状態、核保有国イランはサウジとの宗派対立が深まり、イラクでは今後クルド人など少数民族が国内の不安要因となるだろう。

 シリアに加え、北朝鮮の脅威はアジア情勢に大きな影を落としている。今年後半から2018年には第2の朝鮮動乱の兆しがあると、筆者は見ている。1989年の冷戦終結と東西ドイツ統一が新しいIT革命とグローバル化への道を開いたのと同じくらいの大きな変動が始まるだろう。

 今、世界の動きは「戦争、国際政治、国際法、国際経済」を四位一体として把握しないと理解できない。

 米国にとって日本は太平洋西側の盾である。これはドル防衛でも同じことで、米国はTPPやWTOからいったん手を引くだろうが、その手前でできるだけ不均衡を是正しようとする。5月にはサウジアラビアに総額1千億ドル強の中古兵器類売却で合意したが、日本に対しても、中古兵器の購入、関税撤廃、円高容認など多くを求めてくると予想される。この夏、円ドルは115-95円の間を乱高下と予想している。

7月22日 大井投資塾

講義ではライフプランニングで老後まで見据えて必要となるお金を明確にして、そのためにお金を守り増やす方法をお伝え致します。
これから投資をする人、投資をしたい人、はじめてみたがよくわからない人へ、投資の基本から説明していきます。

詳細とお申し込みは以下より

7月22日(土) 大井投資塾

関連記事

no image

QEが出口に向かうのは、Quick Errorなのか?

 米国の量的緩和(QE)でRisk on/Risk offのマーケット環境が続いてきました。ちょっと

記事を読む

no image

尖閣諸島は日本の領土だ。

谷山雄二朗氏の動画を見る。 わかりやすい。事実を事実と認めれば、尖閣諸島は日本の領土だ。 日本は民主

記事を読む

no image

金融政策だけでは失業は解決しない

 FRBがテーパリングに踏み切るかどうかは今月18日には判明します。その手がかりとなる8月の失業率が

記事を読む

世界経済の先行きに対する10の警告。下げ相場に備えるとき

マーケットは、来週のFRBによる利上げを織り込んでいるが、じっさい来年の見通しはどうなのか。原油価格

記事を読む

no image

欧米の二番底、新興国の景気減速

 米国債のデフォルト(債務不履行)は回避されたが、巨額の財政赤字問題に決着がついたわけではない。 連

記事を読む

2016-17年の見通し2

中長期でみると、2016-17年は移行期(Transition)にあたる。ミレニアム世代が「新ニュー

記事を読む

「年度末相場」に向けて上昇気流

2月26−27日に上海で開かれたG20(財務省・中央銀行総裁会議)では具体的な成果が得られず、各国の

記事を読む

no image

「財政の崖」から転落するとハイパーインフレがやってくる!?

ニューヨーク・タイムズ紙によると、大手ヘッジファンド、ムーア・キャピタル・マネジメントのベーコン社

記事を読む

サプライズ日銀、何故このタイミングか?

筆者は、10月30日(木)に、帝国ホテルにて日経新聞社主催の日経CSISシンポジウムに参加し

記事を読む

日本にとってのトランプリスク。日銀、メガバンクなど日本の大手機関投資家への悪影響の懸念

By Gage Skidmore, CC 表示-継承 3.0, https://commons.w

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑