今年後半から世界情勢が大きく動き始める予兆

公開日: : 大井リポート | 

 7月7-8日のG20サミットでは、今年後半から世界情勢が大きく動き始める予兆が感じられた。ISが3年も支配したモスルが奪還され、原油をめぐる市場では、米露を除く産油国では問題が山積している。例えば、ベネズエラは経済が破綻し、サウジとカタールは外交上断絶、リビアは無政府状態、核保有国イランはサウジとの宗派対立が深まり、イラクでは今後クルド人など少数民族が国内の不安要因となるだろう。

 シリアに加え、北朝鮮の脅威はアジア情勢に大きな影を落としている。今年後半から2018年には第2の朝鮮動乱の兆しがあると、筆者は見ている。1989年の冷戦終結と東西ドイツ統一が新しいIT革命とグローバル化への道を開いたのと同じくらいの大きな変動が始まるだろう。

 今、世界の動きは「戦争、国際政治、国際法、国際経済」を四位一体として把握しないと理解できない。

 米国にとって日本は太平洋西側の盾である。これはドル防衛でも同じことで、米国はTPPやWTOからいったん手を引くだろうが、その手前でできるだけ不均衡を是正しようとする。5月にはサウジアラビアに総額1千億ドル強の中古兵器類売却で合意したが、日本に対しても、中古兵器の購入、関税撤廃、円高容認など多くを求めてくると予想される。この夏、円ドルは115-95円の間を乱高下と予想している。

7月22日 大井投資塾

講義ではライフプランニングで老後まで見据えて必要となるお金を明確にして、そのためにお金を守り増やす方法をお伝え致します。
これから投資をする人、投資をしたい人、はじめてみたがよくわからない人へ、投資の基本から説明していきます。

詳細とお申し込みは以下より

7月22日(土) 大井投資塾

関連記事

no image

シェールオイルでシフトする米の大戦略 朝鮮半島情勢にも影響を

米国のシェール革命はバランスオブパワー(勢力均衡)図を買えようとしています。 エネルギー自足可能とな

記事を読む

バブルの生成と破綻は人間の性: ウォジンローア博士かく語りけり

  アルバート・ウォジンローア博士は、かつてニューヨーク連銀でボルカー氏と机

記事を読む

no image

TPPは日本の農業を変える外圧か?

  日本は外圧がないと自らの仕組みを変えることができないらしい。狭い島国は規制と既得権益が複雑に絡み

記事を読む

夏の間にロシアに何かあると秋口に国際金融市場に大きなショックが走る。1998年のロシア危機、2008年のリーマンショック。

先週ユーロ圏18カ国GDP(4-6月期)が発表された。ドイツ前期比-0.2%、イタリア同-0.2%、

記事を読む

no image

2012年以降の世界、2011年のマーケット

 今日は日曜日。夕方6時の「バンキシャ」を見る。上海の小学校の教育風景が放映された。三年生の英語の授

記事を読む

no image

テーパリング見送りの真の意味は? FRBウォッチャー山広さんへのインタビュー

今週は、18日のFRBの予想外の決定について、山広さんのお話を伺います。 山広恒夫(やまひろ つね

記事を読む

no image

米国は大分裂状態 鳩派で平和主義のイエレン氏が世界を救う?!

米国の「政府閉鎖」の解除と「債務上限引き上げ」問題は、民主・共和両党がギリギリの折衝が続いています。

記事を読む

no image

すぐそこにある日本の危機

 7月半ばに河村たかし氏の講演を聞いた。なかなかよかったにゃー。面白かったのは以下二点である。 1

記事を読む

no image

株高は続くが、信用市場は不安定

オリバー・ストーン監督「ウォール街」は、1987年に世界的にヒットしました。当時レーガノミックスで黄

記事を読む

FRB9月利上げのインパクト

2008年のリーマンショック以降、各国中央銀行は量的緩和策を実施してきた。金融危機からの脱却と景気浮

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑