トランプ政権発足から半年が経って、ヘッジファンドに見られる奇妙な動き

公開日: : 大井リポート | 

 トランプ政権発足から半年が経った。オバマケアの撤廃もままならず、このままでは共和党内の内ゲバや議会との断絶で、政策が何も実行できない可能性がある。大減税やインフラ投資はいつどうなるのか?期待で膨らんだ株価はどうなるのか?

 こんな状況でヘッジファンドに奇妙な動きが見られる。トランプ登場以来、実は多くのヘッジファンドが先行きに疑心暗鬼だった。健全な猜疑心から、彼らは下げ相場に備えてショートポジションを取ってきた。ところが、ダウ平均株価が連日最高値を更新する勢いに押され、ついに耐えきれなくなり、ショートカバーに転じ(空売りした株を買い戻し)、そのおかげでさらに株価を釣り上げてしまった。

参考記事 “Short Sellers Give Up as Stocks Run to New Records” (WSJ 7/21)
https://www.wsj.com/articles/short-sellers-give-up-as-stocks-run-to-new-records-1500629404

 年初来ヘッジファンド全体の平均リターンは、ダウ平均株価などインデックスに負けている。それを取り戻そうとヘッジファンドが集団行動に出ることほど、危険な賭けはない。自分で自分の首を絞めるだろう。

 そもそもヘッジファンドの本来の役目は、相場動向と相関性の低い(ヘッジの効いた)投資戦略を駆使することで安定収益を確保することなのだが、どうも様子がおかしい。2007年のサブプライム・ショックの時と様子が似ているのだ。10年前の夏にもクウォンツ系ヘッジファンドが崩れ、1年後のリーマンショックにつながっていった。相場のウラをかいて密やかに儲けてきた少数精鋭のヘッジファンドがマジョリティとなった今、そのさらにウラをかいた方が賢いかもしれない。

関連記事

no image

ピークオイルとグリーン革命

このところアクティビストについて読んでいる。ブーン・ピケンズの自伝的エッセイ「どん底から億万長者」は

記事を読む

no image

新興国の政治不安と金融危機について

 ウクライナ、スーダン、ベネズエラ、タイ国では、連日デモ隊と治安部隊の衝突が報じられています。  国

記事を読む

no image

量的緩和の出口は? 日本への影響は?

米連邦準備銀行(FRB)は、これまで毎月850億ドルの資産購入額を750億ドルに減らす「量的緩和縮小

記事を読む

米国経済だけが強くなる理由「プラットフォーム・エコノミー」について。日本は?

米国株式市場はダウ平均株価もナスダック総合指数もそろって最高値を更新した。英国のEU離脱や世界経

記事を読む

トランプ新大統領による「アメリカ・ファースト(米国第一主義)」とパラダイムシフト

米国にトランプ新大統領が誕生した。マーケットはクリントン勝利を予想していたため、トランプ勝利確定で9

記事を読む

北朝鮮情勢は山場へ アメリカの混乱とそれに乗じる国々

風薫る5月。米国では29日がメモリアルデー(戦没者追悼記念日)である。 トランプ大統領はこの2

記事を読む

no image

米国は大分裂状態 鳩派で平和主義のイエレン氏が世界を救う?!

米国の「政府閉鎖」の解除と「債務上限引き上げ」問題は、民主・共和両党がギリギリの折衝が続いています。

記事を読む

no image

復興の精神的主柱とは

 テレビ報道で松本復興大臣の言動をみると、「がんばろう、日本」が虚しいスローガンに聞こえる。いち早く

記事を読む

EU経済統一決壊、巻き戻しと混沌(カオス)へ

   金曜午後に、英国のEU残留が希望的観測にすぎなかったことが判明した。  トレーダー

記事を読む

no image

東京オリンピック、うかうかしていられない次の7年間

 東京オリンピック決定について一言。 日本株は強気に転じていますが、7年後までもつでしょうか。次に消

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑