トランプ、北朝鮮、米デフォルト、不透明感強まる

公開日: : 大井リポート | 

日本株相場は「下り基調」、そして、円高基調に入っている。何よりも、トランプ政権の存在価値そのものが揺らいでいる。トランプ大統領の特別顧問だった大物投資家アイカーン氏をはじめ、財界人の多くが政権から離脱している。ビジネスリーダーたちはプロビジネスの政策(大幅減税、インフラ投資など)を執行する能力に欠けると政権を見放したのではないか。

ホワイトハウスでは8月18日に、トランプ最側近のバノン氏が解任された。バノン氏の白人至上主義や極右思想と、トランプ娘婿のクシュナー上級顧問やその他ユダヤ系アドバイザーとの対立は度々、新聞報道でも取り上げられてきた。さらに、バノン氏は「北朝鮮は(中国との経済戦争)の前座だ。軍事的解決はない」とトランプ政権とは異なる意見を主張した。バノン氏辞任の裏には、中国をめぐる政権内の立場の相違がありそうだ。

一方、9月にFRBが資産縮小に向かうとみられている。さらに、9月にトランプ政権の混乱でデフォルト・リスクが高まるという記事も見られる(ロイター 8/16付)。同記事によると、6月末時点で中国の米国債保有額は1兆1465 億ドル、日本の保有額は1兆1022億ドルである。
http://jp.reuters.com/article/us-default-risk-idJPKCN1AY0KY?pageNumber=2

仮に米国が債務上限撤廃に手こずり、日本政府への利払い遅延の可能性が高まれば、一気にドル安、円高・人民元高が進むと見られる。

週明け21日から米韓合同演習が開始される。週明けの相場ではトランプリスクと地政学リスクが嫌気されるだろう。

関連記事

アザー・ピープルズ・マネー(OPM)で生き永らえるギリシャはユーロを脅す

このところトマ・ピケティ著『21世紀の資本論』が日本でもベストセラーとなった。社会の1%の人々が富を

記事を読む

米ドルへ世界の資金が流入

8月末から通貨市場に変化が起こっている。日本では円安・株高の動き。円は103円台から110円近くまで

記事を読む

no image

日本人は日本を見捨てて生きていけるのか

 今週のダイヤモンド誌「日本を見捨てる富裕層」は興味深かった。同誌が描くジャパン・リスク(円高、デフ

記事を読む

法王の訪米、FRB、中国、コモディティ、シリア、そしてマーケット

9月21日の週、シルバーウィーク中、世界は大きく動いた。習近平国家首席が国賓としてオバマ大統領に招か

記事を読む

バブルの生成と破綻は人間の性: ウォジンローア博士かく語りけり

  アルバート・ウォジンローア博士は、かつてニューヨーク連銀でボルカー氏と机

記事を読む

日本にとってのトランプリスク。日銀、メガバンクなど日本の大手機関投資家への悪影響の懸念

By Gage Skidmore, CC 表示-継承 3.0, https://commons.w

記事を読む

no image

潮目が変わるとき

 7月5日に米国の失業率(6月)が発表になりました。米国の景気は上向き、FRBによる量的緩和(QE)

記事を読む

no image

TPPは日本の農業を変える外圧か?

  日本は外圧がないと自らの仕組みを変えることができないらしい。狭い島国は規制と既得権益が複雑に絡み

記事を読む

欧州金融市場の高まるリスクとともに、通貨市場のボラティリティが高まる可能性

欧州金融市場にリスク高まる 10月に入り、国際金融市場にはいくつもの不安材料が並ぶ。世界中のあちら

記事を読む

失われた信認

先週あたりからグローバル投資家が中国株を売り進んだ。過剰流動性で膨らんだ株式バブルが崩壊に向かうとき

記事を読む

  • じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • follow us in feedly rss
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • PAGE TOP ↑