トランプ、北朝鮮、米デフォルト、不透明感強まる

公開日: : 大井リポート | 

日本株相場は「下り基調」、そして、円高基調に入っている。何よりも、トランプ政権の存在価値そのものが揺らいでいる。トランプ大統領の特別顧問だった大物投資家アイカーン氏をはじめ、財界人の多くが政権から離脱している。ビジネスリーダーたちはプロビジネスの政策(大幅減税、インフラ投資など)を執行する能力に欠けると政権を見放したのではないか。

ホワイトハウスでは8月18日に、トランプ最側近のバノン氏が解任された。バノン氏の白人至上主義や極右思想と、トランプ娘婿のクシュナー上級顧問やその他ユダヤ系アドバイザーとの対立は度々、新聞報道でも取り上げられてきた。さらに、バノン氏は「北朝鮮は(中国との経済戦争)の前座だ。軍事的解決はない」とトランプ政権とは異なる意見を主張した。バノン氏辞任の裏には、中国をめぐる政権内の立場の相違がありそうだ。

一方、9月にFRBが資産縮小に向かうとみられている。さらに、9月にトランプ政権の混乱でデフォルト・リスクが高まるという記事も見られる(ロイター 8/16付)。同記事によると、6月末時点で中国の米国債保有額は1兆1465 億ドル、日本の保有額は1兆1022億ドルである。
http://jp.reuters.com/article/us-default-risk-idJPKCN1AY0KY?pageNumber=2

仮に米国が債務上限撤廃に手こずり、日本政府への利払い遅延の可能性が高まれば、一気にドル安、円高・人民元高が進むと見られる。

週明け21日から米韓合同演習が開始される。週明けの相場ではトランプリスクと地政学リスクが嫌気されるだろう。

関連記事

通貨安戦争未だ止まず

この1週間に、グローバルな投資マネーは、株式から債券へと「リスクオフ」にシフトした。そのなかで、中国

記事を読む

no image

本格化するエネルギー革命

 2000年4月にITバブルが破たんした。21世紀にはいってIT革命が行き着いた先は、Faceboo

記事を読む

no image

【グローバル視点から見た資産の守り方】TPP

TPPとは、アメリカがテロとの戦いを終えて、経済と軍備の勢力を環太平洋地域に集中させようという『大戦

記事を読む

伊勢志摩サミット、消費税増税見送りの後に来るもの

 5月後半の注目は伊勢志摩サミットである。安倍政権としてはサミットを成功させ、7月の参院選を勝利に持

記事を読む

マイナス金利でアベノミクスも正念場

 日銀黒田総裁がマイナス金利を導入し、日本国債10年物も史上初のマイナス金利を付けた。現状の市場心理

記事を読む

日米の雇用のあり方、そして賃金格差について

米国の景気は良いのか悪いのか? 先週金曜、3月の雇用統計が発表され、新規雇用者数は12万6千人と市場

記事を読む

米大統領選挙とミレニアル世代の社会変革

米国大統領選挙では、州ごとに民主・共和党の候補者指名獲得戦が繰り広げられている。民主党では、

記事を読む

続く通貨安戦争、世界経済の減速、エボラ出血熱の拡大、イスラム国家の勢力拡大等

通貨安戦争は続く G20の中央銀行総裁や財務長官が集う機会の多い10月、11月。世界経済の減速、エ

記事を読む

日本国債格下げでリスクは高まる
– 12月1日、格付け会社ムーディーズは日本の長期国債の格付けをAa3 からA1に引き下げ –

  10月末に日銀が追加緩和を行って以来、ECBも量的緩和策を実施し、次いで

記事を読む

no image

TPPは新たな外圧になるか

 20日は一日中、日米関係の集まりが重なった。午前中は東京産業人倶楽部の賀詞交歓会にて、米国大使館公

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑