地政学リスクは2018年秋口まで続く

公開日: : 大井リポート | 

前回のリポートからほぼ1ヶ月が経った。その間、9月15日には北朝鮮のミサイルが北海道を通過する事態があり、地政学リスクの高まりから相場にも緊張が走った。この時にはリスクオンからオフへの巻き戻しが瞬時に起こり、円ドルが110-107円で大きく動いた。しかし、危機が去ると相場はまたオフからオンへと転換し、何事もなかったかのように、米国株も上昇し、NYダウ平均株価は15日に最高値をつけた。

 短期的には相場には瞬時の円やユーロのキャリートレード巻き返しが繰り返される。緊迫した朝鮮情勢を見るには、ロシアの動きがキーである。ユーラシアで富国強兵を目指すロシアにとって、朝鮮半島、中国、日本、米国が互いに争い、国力を落とすことが望ましい。そのために北朝鮮を挟んで、米露間ではロシアへの経済制裁を巡り、どの様な交渉が行われるか。

 そして、米国内では今後「ロシアゲート」が表面化してくる兆しがある(FT紙9/15付 “Trump and Russia: What does Robert Mueller know?”)。トランプは弾劾されるか、瀬戸際外交から軍事行動に転じるか? 2018年11月の中間選挙までにはだいぶ見えてくるだろう。しかし、今からそれまでにはいくつかのヤマがある。

 リスクのタイミングとしては、第1に、10月の中国「19大」(第19回中国共産党大会)から2018年2月平壌冬季オリンピックまで。第2に、冬季オリンピック開催後から3月に開催される全人代を終えて、今年と同じように臨戦態勢と軍事的緊張が来年4-6月に繰り返される場合。

 地政学リスクの高まりが意味するものは何か? 平たく言えば、世界の利権の仕切り直し・資源の再分配である。利権にはエネルギー資源のほか、通貨発行権や為替レートへの影響力など金融市場に関わる権益・影響力が含まれる。利権の仕切り直しによって、参加者(メンバー)の交替や各自への配分に変化が生じる。参加国は国益のために今からしのぎを削る外交交渉に入っている。英米の動き、ロシア、中国の動きから、2018年年末には「戦後レジーム終焉後の世界」がうっすらと見えてくるだろう。

関連記事

no image

国際金融市場の三つの悪夢

悪夢その一 再び信用バブル 日米欧の量的緩和とゼロ金利政策のおかげで、マーケットには投資資金がだぶ

記事を読む

no image

暑くて苦しい夏が来る?

第一四半期の米国企業の業績発表に株式市場は好感している。しかし、高まる米国のイラン攻撃の可能性、イス

記事を読む

no image

総体的奴隷制国家 日本

  Hさんは大学の大先輩。長年大手企業の副社長を務め上げ、定年を迎えられる。先だってお会いしたときに

記事を読む

ユーロ圏は日本化しつつあり、混迷深める国際情勢の中で中国は漁夫の利を狙う

ユーロ圏の日本化を懸念 マーケットは、英米が量的緩和の出口に向かうと確信している。FRBは10月で

記事を読む

グローバルマネーは安全資産の円と米国債へ

出典:ブルームバーグ[/caption]  7月になりました。第二四半期(4−6月期)が終わ

記事を読む

no image

QE とBRICSとの新しい関係

 この3週間近く、FRBによる量的緩和(QE)が縮小に向かうというニュースが、国際金融市場に様々な影

記事を読む

米国の政府閉鎖、米国デフォルト、朝鮮半島有事のパーフェクトストームとなるか?

 映画「パーフェクトストーム」(2000年公開)では、嵐とハリケーンがドッキングした異常な状

記事を読む

「年度末相場」に向けて上昇気流

2月26−27日に上海で開かれたG20(財務省・中央銀行総裁会議)では具体的な成果が得られず、各国の

記事を読む

通貨、戦争、世界秩序の変わる時

人民元がSDR仲間入り、新たな通貨体制のパラダイムの始まりか? 中国が目指す人民元の国際化が、国際

記事を読む

no image

2016年終わってみれば、トランプとヘッジファンド

 今年は申年なので「相場が荒れる」と言われていたが、まさに想定外のショックの連続だった。昨年12月に

記事を読む

  • じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • follow us in feedly rss
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • PAGE TOP ↑