感謝祭について

公開日: : 最新リポート | 

11月23日は、勤労感謝の日が米国の「感謝祭」と重なった。そもそも米国の感謝祭とは、歴史の教科書にある通り「1620年に英国の宗教的弾圧を逃れてプリマスにたどり着いたピューリタンたちが最初の冬を越して生き延び、秋の収穫を神に感謝する」祝日である。ピューリタンたちは「神の国」を作る目的で植民したので、米国の成り立ちそのものが「神権国家」であり、原理主義的な思想が強い。

当時の英国の重商主義政策では国王の庇護のもと特権的大商人が利権を握っていたので、新興勢力のピューリタンには経済的自由がなく、新しい土地でその実現を求めたのだ。ピューリタン入植から500年近く経った今でも、米国人の8割は感謝祭の日に家族全員がテーブルを囲み、七面鳥を食べる儀式を行なっている。神への感謝と同時に経済的自由への感謝も忘れない。

感謝祭の翌日にブラックフライデーが始まり、クリスマス商戦が始まる。失業率も下がり、好調な小売が予想されている。アマゾンも年の半分をこの時期に売り上げる。

日本市場では、外国人投資家がクリスマス前までに向けて徐々に益出しをしてポジションを閉じていくので、円高・株安に動いている。ヘッジファンド運用者は、12月末までの収益で1年の成功報酬を確定する。年内に大きなリスク(北朝鮮など)がなければ2017年は割と良い年となりそうだ。

12月2日(土)大井投資塾 ライフ&マネープラン
今年最後のセミナーを開催いたします。詳細は以下より。
http://globalstream-news.com/seminar/post-31594/

関連記事

日本の成長を阻むものとは

 日頃、筆者は国際金融市場の動向についてウォッチしているが、金融市場が実体経済からますます剥離してい

記事を読む

米国経済だけが強くなる理由「プラットフォーム・エコノミー」について。日本は?

米国株式市場はダウ平均株価もナスダック総合指数もそろって最高値を更新した。英国のEU離脱や世界経

記事を読む

米軍のイラク空爆開始  金融市場への影響は限定的か?

  先週一週間も地政学リスクが金融市場を覆った。今後の影響を考え、グローバルマネーは

記事を読む

no image

世界の流れGS-NEWS

「SAILの大井幸子です。 私たちの周りには世界中のニュースが無数にあります。私たちが日本人とし

記事を読む

no image

【グローバル視点から見た資産の守り方】まとめ1

グローバル視点から見た資産の守り方の動画をまとめました。 『 TPP 』 TPPとは、アメリカがテロ

記事を読む

不安定化する世界情勢、中央銀行の金融政策は効かなくなる

不安定化する世界情勢 週明け、アイシス(ISIS: Islamic State in Iraq a

記事を読む

6月後半マクロ的見通し

 国家金融資本主義の時代、経済、金融、国際政治、地政学リスクは全てパッケージで捉えないと世界

記事を読む

先行株グループのピークアウトに見る今世紀に入って3度目のバブル崩壊の予兆 山広恒夫氏

  山広恒夫氏は、FRBウォッチャーとして有名はブルームバーグのワシントン支局記者で

記事を読む

イラク情勢をめぐる国際金融市場の動向、どうなる原油価格?

  イラクやウクライナ情勢の背後には資源エネルギーの利権があり、必ず中国の姿が見えて

記事を読む

トランプ・ラリーの先にあるものは?

2月28日(日本時間3月1日午前11時)にトランプ大統領による初めての議会演説が行われた。国防費50

記事を読む

  • メルマガ じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • PAGE TOP ↑