2009/10/21

日本発世界金融恐慌の可能性

日本国債は大丈夫? 今回の90兆円を超える予算、赤字国債増発、成長戦略を示せないうえでのコストカット、郵政民営化から官製化への逆噴射。これでは、半世紀にもわたる自民党支配で焦土と化した国土にさらに核弾...

2009/10/02

個人と企業の新しいエコな生き方、ジェネロシティ

ジェネレーション G 1.Generation G 2007年に東京に居を移した頃、ある出版社から「企業の社会的責任CSR」について米国の現状を書いて欲しいという依頼があった。金融サービス業界ではヘ...

2009/07/26

日本の政局の行方

私の日本再生のシナリオ 「テロルとクーデターの予感」を読む。佐藤優氏の発言はじつに冴えている。民主党が政権交代を目指し、勢力を伸ばしているというニュースが毎日伝えられる。仮に民主党が政権を担えば、この...

2007/04/05

ドル暴落説について

3月最後の週にジュネーブとチューリッヒへ出張した。ホテルに着くといつものようにパソコンをつないでCNBCやCNNをつける。同じTV局でも欧州版は米国版と論調が違って興味深い。欧州のメディアはこぞって米...

2006/05/02

金融市場が実体経済を反映する

プリンストン大学での一日 昨日はプリンストン大学東アジア研究所のセミナーにゲスト・スピーカーとして参加し、財務省から教えに来られている内藤純一教授の一連の講義、「1990年代後半以降の日本の金融危機と...

2006/04/30

軋み始めたブッシュ・ドクトリン

この3週間あまり、NY、東京、ワシントンDCと移動した。復活祭のころ、日本では民主党小沢代表が登場し、「がらがらぽん」でいよいよ日本の政界も復活するのかと思いきや、まず小沢氏自身が生まれ変わってもらわ...

2006/04/11

暑くて苦しい夏が来る?

第一四半期の米国企業の業績発表に株式市場は好感している。しかし、高まる米国のイラン攻撃の可能性、イスラエルのシャロン首相の事実上の死、六カ国会議など、国際政治に緊張を与える要因には欠かない。 金価格は...

2006/03/17

ウォジンローア博士による金利予測

中間選挙までの金利動向について 前の四半期と比べてマクロ的な環境はそれほど変わっていない。経済成長率はせいぜい3.25%程度にとどまっている。前年第四四半期の成長率は低めではあったが、その分、年明け第...

  • メルマガ じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • PAGE TOP ↑