オルタナティブ投資が今や投資手法の主流

公開日: : 最終更新日:2013/05/21 ツワモノブログ | 

 

sachiko_portrait

現在、オルタナティブ投資はもはや代替ではなく、投資手法の主流と言えるべきものになっている。絶対値   の収益を目指す運用者にとって、分散投資の多様な手法を提供している。

( 大井幸子 エコノミスト寄贈原稿 )

 

 

伝統的な投資が、誰もが情報にアクセスできる公開企業の株式や債券、公募の投資信託などへの投資を指すのに対し、オルタナティブ投資はヘッジファ ンド、プライベート・エクイティ(非上場 企業の株式)、ベンチャー・キャピタル、不動産などに投資する (図)。

 

Untitled-2

 

オルタナティブ投資では、投資家と運用 者はともにリスクとリターンを分かち合う運命共同体の運用形態(リミテッド・パートナーシップ)が基本。
運用者はサラリーマンではなく、成功報酬を受け取る インセンティブを持つため、「ハイリスク・ハイリターン」のイメージが付きまとう。

 

しかし、本来オルタナティブ投資は、持続的な「絶対値の収益」を目指す。
例えば、 株式や債券の伝統的な運用においては、買い持ちのポジションしかとれないため、相場が下がる局面では損失を免れない。

 

一方、ヘッジファンドでは、下げ相場の空売り(シ ョート)や、オプションによるヘッジ(回避) ポジションを取ることで、損失を最小化できるのが特徴だ。

 

オルタナティブ投資では、天然資源や不 動産などリスクが高く、流動性の低い資産にも投資する。
また、ベンチャービジネス やインフラ(道路、空港、港湾など)設備 など長期にわたる投資も行う。

 

現在、オルタナティブ投資はもはや代替ではなく、運用の主流と言えるべきものになっている。

 

グローバル化の流れに乗って、投資対象は先進国のみならず新興国、アフリカへと拡大、絶対値の収益を目指す運用者にとって、ますます多様な投資手法を提供している。

 

 

長期にわたる資産保全を目的とする年金基金や政府系ファンドなどにとっては、さらに欠かせない運用手段である。

 

 

 

関連記事

日本再生への道  森林里山再生こそが国土防衛 - 林徳彦氏との対談 –

林徳彦氏との対談   ・林 徳彦 プロフィール (はやし なるひこ) 1

記事を読む

まだがもう、もうがまだ、株価上昇はいつまで続く? ~ 山広恒夫さんとの対談

  ダウ平均株価は最高値を更新しています。日本の株価もまた連れ添って上昇しています。

記事を読む

no image

100年に1度の金融危機 QEバブル破綻寸前か! ~山広恒夫さんとの対談~

今回もFRBウォッチャーとして著名な山広恒夫さんとの対談です。 山広さんは、ワシントンD.C.在住

記事を読む

国際エコノミスト今井澂(きよし)氏に聞く! 為替、株価の見通し、そしてシェールガス革命

    今井澂(きよし)さんは、御年77歳。半世紀以上も相場

記事を読む

FRBはテーパリングどころかさらなる緩和へ ~ 山広恒夫さんとの対談

  今回のツワモノは、引き続き、アメリカ金融に大変お詳しく、 FRBウォッチャーと

記事を読む

中国から放たれた「第三の矢」!

森田さんと私はかつて一緒に働いた仲間です。私は1989年に6月にニューヨークのムーディーズ本社ストラ

記事を読む

これからどうなる?金とドル、そして円 〜亀井幸一郎氏との対談〜

  亀井幸一郎(かめい こういちろう)氏 プロフィール マーケット・ストラテジ

記事を読む

今後の日本株の見通し 今井澂(いまい きよし)氏インタビュー

今井澂氏は、50年にもわたり日本経済をウォッチされ、「伝説の当たり屋」と呼ばれています。つい最近『日

記事を読む

第三次大戦は既に始まっている!?  シリアにおける邦人殺害事件の真相・深層に迫る

  今回は小松啓一郎博士との対談で、シリアにおける邦人殺害事件の真相・深層に迫ります

記事を読む

no image

シェールガス革命 ~ ミッチェルおじさんが開けた「パンドラの箱」

  好調な「金融ツワモノブログ」5回目となりました。 引き続き、「シェールガス

記事を読む

  • じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • follow us in feedly rss
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • PAGE TOP ↑