グローバルストリームニュース
国際金融アナリストの大井幸子が、金融・経済情報の配信、ヘッジファンド投資手法の解説をしていきます。
2019年1月にS&P指数は+8.01% と、昨年12月 -9.03%から大きく反発上昇した。株式相場はやや小康状態を保ってきたが、2月6日のトランプ大統領一般教書演説の翌日あたりから少しずつ下げてきている。 今後の不安材料を3つあげてみよう。 その1 どうなる暫定予算  
続きを読む...

【2019年の展望】米国トランプ革命が始まる

 年初にかけて米国では連邦政府機関の閉鎖が続いている。2020年11月には再び大統領選挙があり、19年はその前哨戦の年。米国では最大級のサイバー攻撃の警戒が高まっている。攻撃は主に中国、ロシア、北朝鮮からやってくる。  

トランプ・ショック

<トランプ相場は終了> クリスマスイブに米国株価が大きく下げ、25日には日経平均が1000円を超える大幅安となった。2019-20年の前哨戦だと筆者は感じている。

セミナー情報

その他の最新記事

トランプ・ショック

<トランプ相場は終了> クリスマスイブに米国株価が大きく下げ、25日には日経平均が1000円を超える大幅安となった。2019-20年の前哨戦だと筆者は感じている。 クリスマスで多くの人々が休暇を楽しむ中、人気のないところで、米国国益の本質に関わる大ごとが起こっている。

米中「新冷戦」の行方

11月30日にアルゼンチンで開催されたG20の直後、12月1日に中国大手テクノロジー企業ファーウェイCFOメン氏がバンクーバーで拘束された。中国はカナダの外交官を国内で逮捕するなど、報復がエスカレートしそうである。  欧米メディアは米中の緊張の高まりを「New Cold War

不気味! 逆イールドの出現

アルゼンチンで開催されたG20終盤で、米中が歩み寄った。トランプ政権が中国に対する追加関税実施時期を、来年1月1日から90日延期すると報じた。米中の緊張が一時緩和されたと感じたマーケットはリスクオフに転じ、週明け月曜に日経平均株価は300円近く上昇した。しかし、翌日火曜には500円以上の値下がりとなった。

12月19日(水)投資初心者セミナー 〜これから資産運用を始めたい人の疑問を1時間で全て解決!〜

このセミナーは これから資産運用を始めたい人の疑問を1時間で全て解決! するためのセミナーです。 こんな方が対象です これまで投資をされたことがない人 なんとなくよく分からないけど投資を始めてしまった人 自分の投資が良いのか悪いのか分からない人 よくわからないが多くの保険に入っている…

11月21日(水) 投資初心者セミナー 〜これから資産運用を始めたい人の疑問を1時間で全て解決!〜

このセミナーは これから資産運用を始めたい人の疑問を1時間で全て解決! するためのセミナーです。 こんな方が対象です これまで投資をされたことがない人 なんとなくよく分からないけど投資を始めてしまった人 自分の投資が良いのか悪いのか分からない人 よくわからないが多くの保険に入っている…

21世紀型AI軍拡競争へ

前回、このコラムで米中貿易戦争の裏には、米国対中露の軍拡競争があると述べた。10月20日、トランプ大統領は、INF(中距離核戦力全廃)条約から離脱すると発表し、再び軍拡競争の仕切り直しが表面化した。

米中対立と安全保障

 このところ米中対立が激しさを増している。米国は中国が中間選挙に対トランプ大統領にサイバー攻撃をしたと非難。また、9月末に南沙諸島で「航行の自由」作戦を展開する米国駆逐艦に中国艦艇が異常接近し、緊張が走った。貿易以外の領域、サイバー上、西太平洋上にも対立の場が広がっている。その背景には、安全保障上の重要な要因がある。

最近の投稿

大井幸子監修の投資学習動画

グローバルストリームニュース
メールマガジン

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。
登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。