2016-17年の見通し

公開日: : 最終更新日:2016/01/07 大井リポート | 

35025-NZSGRU
Freepikによるデザイン

 2015年はFRBの利上げを持って終了した。テロ事件が多かったにもかかわらず、相場はそれなりに持ちこたえた不思議な一年だった。ふりかえると、8月の中国人民元切り下げから、お盆開けに相場が一気に揺らいだ。そして、中国経済先行きの成長が鈍化することから、原油やコモディティ安トレンドが続いている。さらに、フォルクスワーゲン(VW)が排気ガス規制を不正に逃れていた事が発覚した。
以上のイベントは、2016、17年にかけて後を引くことになりそうだ。手短かにまとめると、

 

1.      2016−17年、原油安は続く。ただし、永々に続くわけではない。しかし、産油国 (特に、ロシア、カナダ、ノルウェー、OPEC、ベネズエラ、ナイジェリア、アルジェリア、イラン、イラクなど)は通貨安。ただし、原油決済通貨として の米ドルは、原油安でドル需要が減少しても、ドル高で相殺出来る。

2.      ユーロ安。対ユーロ米ドルとの金利差が拡大。VW不正事件は日本企 業も含め、他の企業にも波及する。欧州金融機関のデリバティブ市場に要注意。また、政治的には、欧州ではナショナリズムが台頭。

3.      BREXIT 英国のEU離脱に向けての動きが活発化する。

4.      FRBは2016年に4回、17年に5回 の利上げを実施すると見込まれる。BNYメロンの通貨ストラテジストによれば、18年以降は3.5%と予想している。当然、ハイイールド債などデフォルトリスクが上昇中。特に、破たん債券の37%は原油・ガスセク ターに集中している。

5.      中国からの資本逃避は続く。

以上はマクロ的見解である。2017年夏場まではおおいにキナ臭い。地政学上のリスクも高い。2016年4−5月、特に 8−11月は要注意だ。

 

2016-17年の見通し2はこちら

関連記事

no image

テーパリング見送りの真の意味は? FRBウォッチャー山広さんへのインタビュー

今週は、18日のFRBの予想外の決定について、山広さんのお話を伺います。 山広恒夫(やまひろ つね

記事を読む

no image

日銀の異次元緩和は世界にデフレを輸出

先週は日米共に、株価が上昇し、ダウ平均株価は最高値を更新し、日経平均株価は1万5千円台を突破しました

記事を読む

no image

TPPと次の10年

  昨年は「平成の開国」と取り上げられたTPP(環太平洋経済連携)がクローズアップされている。ちょう

記事を読む

危機に備えるプライベート・エクイティ・ファンドの動き

未公開株に投資するプライベート・エクイティ(PE)の行動を観察すると、マーケットがどこに向かおうとし

記事を読む

FRB金利据え置きで、英国国民投票、日本のマイナス金利はどうなる?

15日、イエレンFRB議長は金利据え置きを決定した。米国経済の低調な成長見通しと、23日に実施され

記事を読む

no image

2012年のFat Tails

  今年はすべてが試され、旧態依然の権威が地に落ち、どんでん返しが起こるときだと感じている。日本につ

記事を読む

no image

回復は脆弱か?堅調か?見方が分かれる米国経済。30日の今年第三四半期の成長率によってはデフレ・リスク拡大へ

今週は国際金融市場にとって注目すべきニュースが重なる。まず注目は28−29日の米国連銀の政策決定会議

記事を読む

ユーロ圏は日本化しつつあり、混迷深める国際情勢の中で中国は漁夫の利を狙う

ユーロ圏の日本化を懸念 マーケットは、英米が量的緩和の出口に向かうと確信している。FRBは10月で

記事を読む

no image

ピークオイルとグリーン革命

このところアクティビストについて読んでいる。ブーン・ピケンズの自伝的エッセイ「どん底から億万長者」は

記事を読む

no image

復興ファンドが防波堤になるか? モラトリアム法の堤防がなくなるとき

  日本には基本的人権がない、基本的人権を定めた市民と政府の契約を現政府は守っていないし、守る気も能

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑