2016-17年の見通し

公開日: : 最終更新日:2016/01/07 大井リポート | 

35025-NZSGRU
Freepikによるデザイン

 2015年はFRBの利上げを持って終了した。テロ事件が多かったにもかかわらず、相場はそれなりに持ちこたえた不思議な一年だった。ふりかえると、8月の中国人民元切り下げから、お盆開けに相場が一気に揺らいだ。そして、中国経済先行きの成長が鈍化することから、原油やコモディティ安トレンドが続いている。さらに、フォルクスワーゲン(VW)が排気ガス規制を不正に逃れていた事が発覚した。
以上のイベントは、2016、17年にかけて後を引くことになりそうだ。手短かにまとめると、

 

1.      2016−17年、原油安は続く。ただし、永々に続くわけではない。しかし、産油国 (特に、ロシア、カナダ、ノルウェー、OPEC、ベネズエラ、ナイジェリア、アルジェリア、イラン、イラクなど)は通貨安。ただし、原油決済通貨として の米ドルは、原油安でドル需要が減少しても、ドル高で相殺出来る。

2.      ユーロ安。対ユーロ米ドルとの金利差が拡大。VW不正事件は日本企 業も含め、他の企業にも波及する。欧州金融機関のデリバティブ市場に要注意。また、政治的には、欧州ではナショナリズムが台頭。

3.      BREXIT 英国のEU離脱に向けての動きが活発化する。

4.      FRBは2016年に4回、17年に5回 の利上げを実施すると見込まれる。BNYメロンの通貨ストラテジストによれば、18年以降は3.5%と予想している。当然、ハイイールド債などデフォルトリスクが上昇中。特に、破たん債券の37%は原油・ガスセク ターに集中している。

5.      中国からの資本逃避は続く。

以上はマクロ的見解である。2017年夏場まではおおいにキナ臭い。地政学上のリスクも高い。2016年4−5月、特に 8−11月は要注意だ。

 

2016-17年の見通し2はこちら

関連記事

no image

世界の流れGS-NEWS

「SAILの大井幸子です。 私たちの周りには世界中のニュースが無数にあります。私たちが日本人とし

記事を読む

no image

米大手ヘッジファンド、上海に進出

 「先を超された」と私は感じました。中国は本格的なオルタナティブ投資を始めます。その手始めに、トップ

記事を読む

no image

ベルルスコーニはいたこのイタロー

 昔、戦中派の父が「イタ公はあてにできない、ドイツだけと組んで戦争すればよかった」と言っていた。子供

記事を読む

地政学上のリスク・オンとリスク・オフ

  この一ヶ月、国際金融市場の動きはキナ臭い。国際金融市場という大海原には、

記事を読む

no image

忍び寄る米国株バブル

 2008年のリーマンショックで、米国の一般の生活者は大きなツケを払うはめになった。住宅バブルが破綻

記事を読む

no image

フェニックス救援隊といっしょに女川へ

3・11大震災から1年たってようやくボランティア活動の機会に恵まれた。東北被災地で救援活動を行ってい

記事を読む

no image

復興ファンドが防波堤になるか? モラトリアム法の堤防がなくなるとき

  日本には基本的人権がない、基本的人権を定めた市民と政府の契約を現政府は守っていないし、守る気も能

記事を読む

no image

TPPは新たな外圧になるか

 20日は一日中、日米関係の集まりが重なった。午前中は東京産業人倶楽部の賀詞交歓会にて、米国大使館公

記事を読む

原油と人民元: 逆オイルショック

 年明けから世界の株式相場が下げ続ける。その要因は何か? 経済・金融のニュースでは、中国リスクや原油

記事を読む

国際金融市場のハイライト

米国市場の動向 9月16−17日に行われたFOMC(連銀政策決定会議)でイエレン議長は、「かなりの

記事を読む

  • じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • follow us in feedly rss
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • PAGE TOP ↑