グローバルストリームニュース
国際金融アナリストの大井幸子が、金融・経済情報の配信、ヘッジファンド投資手法の解説をしていきます。

PR

消えたか、パウエル・プット

 3月3日に、FRBは緊急利下げを実施した。利下げ幅は0.5%と通常の2倍、大盤振る舞いだったにもかかわらず米国市場は利下げ発表後に下落し、S&P500は-2.81%とガッカリするほど下げてしまった。  

FRB過剰流動性供給の裏にあるものは?

FRBの流動性供給により年末のレポ金利急騰のリスクは回避

 2019年は5月と8月に調整局面があったものの、株式相場は大きく上昇した。株式に加えて、債券と金(ゴールド)も上昇し、ありえない相場状況である。  

2019年末のマーケットに残るリスクまとめ

 今年も残り少なくなった。これから年末にかけて重要なイベントが続く。

サウジアラムコの評価額は砂上の楼閣?リスク

 まず、11日にはサウジアラムコがサウジ国内で新規上場を果たした。時価総額が約200兆円である。

マイナス金利で「ペンション・ペイン」

ペンション・ペインとは?

 ペンションとは洋風の民宿ではなく年金である。ペインとは痛みで、「ペンション・ペイン」とは高齢者の受け取る年金の額が減っていき、高齢になればなるほど益々生活が苦しくなる事態をいう。

米中対立は続く

 11月11日は中国では「独身の日」、アリババが310億ドルも売り上げた。そして、同日、香港では警察とデモ参加者との衝突が激しくなり、ハンセン指数が2.62%も下落した。そんな中、米中は本当に歩み寄るのか?