拡大するか中国ヘッジファンド

公開日: : 最終更新日:2014/03/20 ヘッジファンド, 大井リポート |  ,

上海外灘看浦東

このブログでも、昨年のアベノミクスの上げ潮に乗って、海外ヘッジファンドが日本市場で大きな収益を上げたとお伝えしました。日本株に投資したヘッジファンドの平均リターンは26%(ドルベース:Eurekahedge)でした。
グローバルマネーは昨年中国・香港(グレーターチャイナ)にも向かい、インターネット、テクノロジー、カジノ関連株に投資した中国勢ヘッジファンドは、平均20%の収益を上げました。こうした株式ロング・ショート戦略では、コモディティと中国国営企業をショートし、インターネット、代替エネルギー、ソフトウェア、環境関連株ロングで40%近い収益を上げたLBNアドバイザーズの成功が目を引きます。

http://www.reuters.com/article/2014/01/10/uk-china-hedgefunds-idUSLNEA0900C20140110

2014年、新興国市場で波乱が続く中、中国のヘッジファンドはどうなるか? 香港在住で中国本土に投資するファンド(Keywise、Prime Capitalが二大ファンド)は、中国の経済成長が鈍化するなか昨年ほどの大きなリターンは見込めないとしています。
一方で、中国本土の規制当局は、空売りやオプションなどヘッジ手段を緩和し、ヘッジファンドにより自由な環境を与えようという動きにでています。この6月には、本土でヘッジファンドに登録してもらい、投資家から直接ファンドレイジングができる体制を目指しています。
中国当局は、ヘッジファンドが金融市場を安定化する上で重要な役割を果たすこと、また、投資家からみれば、通常の株や債券に加え、投資手段の幅が拡がることを理由に、ヘッジファンドを奨励しています。
(FT2月14日付 ”Funds on the edge”)

関連記事

no image

さすがにゲッコーはケッコー!

 リビア情勢が緊迫している。リビアでは国民の教育レベルが低く、原油の埋蔵量があってもその精製など多く

記事を読む

no image

テーパリング見送りの真の意味は? FRBウォッチャー山広さんへのインタビュー

今週は、18日のFRBの予想外の決定について、山広さんのお話を伺います。 山広恒夫(やまひろ つね

記事を読む

no image

個人と企業の新しいエコな生き方、ジェネロシティ

ジェネレーション G 1.Generation G 2007年に東京に居を移した頃、ある出版社から

記事を読む

no image

【グローバル視点から見た資産の守り方】まとめ1

グローバル視点から見た資産の守り方の動画をまとめました。 『 TPP 』 TPPとは、アメリカがテロ

記事を読む

no image

経済的合理性を貫けない政治は国を滅ぼす

 大衆迎合主義や衆愚政治は、国家財政の破たんと大量失業といった経済的な苦難を国民にもたらす。  国

記事を読む

通貨体制の変わるとき。中央銀行の利上げ観測により起きているドル高とポンド安。

ドル高の要因 今週の注目は、16−17日のFOMC(米連銀の政策決定会議)で発表される2017年ま

記事を読む

no image

潮目が変わるとき

 7月5日に米国の失業率(6月)が発表になりました。米国の景気は上向き、FRBによる量的緩和(QE)

記事を読む

嵐の前の静けさ

マーケットの方向感は、各国の通貨・金融政策に左右されてきた。8月後半以降のマーケットは「下げては半戻

記事を読む

政治の不安定化が進む新興国 新しい社会契約のとき

 オックスフォード・アナリティックス社のマイケル・ブルース氏は「政治と経済は一体化している。金融・経

記事を読む

no image

Deglobalization=Unwinding globalization

Deglobalization グローバル化の巻き戻しで日本にチャンス! スマート・シティの標準

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑