2000年春に起きた巨大ヘッジファンド崩壊の真相

公開日: : 最終更新日:2014/04/16 ヘッジファンド | 

 

ジョージ・ソロス

2006年12月、クアラルンプールで採取産業透明性イニシアティブ(EITI)について話すソロス
(出典:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%BD%E3%83%AD%E3%82%B9)

優秀なヘッジファンドといえども、一歩間違うと大きな痛手をうけます。投資を考える上で、ヘッジファンドの過去の事例から学ぶことが沢山あります。2000年春に起きた巨大ヘッジファンドの崩壊事例を元に、全4回に分けて、それまで優秀なパフォーマンスを上げていたヘッジファンドが崩壊したのか、ヘッジファンドが抱えるリスクについて説明していきます。

 

目次

  1. 市場拡大が裏目に
  2. ハイテク株相場の流れを読み間違え
  3. 巨大化ゆえに顕在化した経営管理リスク 
  4. 巨大ヘッジファンド崩壊の原因から学ぶヘッジファンド投資の注意点

 

市場拡大が裏目に

1992年秋、ジョージ・ソロス氏のクオンタム・ファンドが大量のポンド売りを浴びせ、ポンドをEMS(欧州通貨制度)離脱に追い込んだ。この英国中央銀行の敗北は、ヘッジファンドの脅威を世界中に見せつけた。

それから8年、ヘッジファンドの市場は急拡大。正確な統計はないが、92年当時、500億㌦にも満たなかったと思われる市場規模は、3000億㌦から5000億㌦、ファンド数は4000ともいわれた。

だが、2000年春、ジュリアン・ロバートソン氏率いるタイガー・マネジメントは廃業、ジョージ・ソロス氏の右腕といわれたスタンレー・ドラッケンミラー氏がクオンタム・ファンドの運用責任者を辞した。

これまでも97年のアジア経済危機、98年のロシア危機によって引き起こされた市場の流動性の現象、信用リスクの増大などの流れを読み間違え、崩壊したファンドはある。98年のロングターム・キャピタル・マネジメント(LTCM)の破綻は記憶に新しい。今回も1999年後半以降のハイテク株隆盛の株式市場の流れを読み間違えたのが直接の原因だ。しかし、その背後には巨大ファンドゆえの要因が隠されている。

運用額が巨大になったがゆえに、ヘッジファンドの持ち味である機敏な運用ができなくなった。それを回避するために、他のファンドマネジャーに資産を分散して運用を委託するのだが、優秀なマネジャーはすぐに独立してしまう。この結果、高収益を上げれなくなってしまったのだ。ロンドンでヘッジファンドの実態を検証した。

2000年の春、ヘッジファンド業界を代表する二つ巨大運用会社に異変がおきた。ジュリアン・ロバートソン率いるタイガー・マネジメントは三月末でファンドを手仕舞いした。また、ジョージ・ソロスが統括するソロス・ファンド・マネジメント(以下、ソロス・マネジメント)も、 クオンタム・ファンドの運用責任者スタンレー・ドラッケンミラーとクオータ・ファンドの責任者ニック・ロディッチが2000年4月末をもって退くことを発表した。

ハイテク株、インターネット関連株などいわゆる“ニューエコノミー”銘柄が隆盛を極める中、彼らが得意とし、現に国際金融の舞台で華々しい業績を上げてきたグローバル・マクロ(世界のマクロ経済の動きに着目し、そこに生じた為替・金利市場のひずみや経済実態の乖離に投資して利益を上げる)の投資スタイルでは高収入を上げられない状況が続いた。これが二大ファンド崩壊の直接の原因である。

 

次回

2.ハイテク株相場の流れを読み間違え

関連記事

巨大ヘッジファンド崩壊の原因から学ぶヘッジファンド投資の注意点 2000年春

    2000年春に起きた巨大ヘッジファンド崩壊の真相の第4回(最

記事を読む

危機に備えるプライベート・エクイティ・ファンドの動き

未公開株に投資するプライベート・エクイティ(PE)の行動を観察すると、マーケットがどこに向かおうとし

記事を読む

金融危機に沈んだもの

「1998年ロシア通貨危機で起きたことと、それまでの流れ」を5回シリーズでお送りします。今回は第5回

記事を読む

1998年ロシア通貨危機で起きたことと、それまでの流れ

引用:http://toolbiru.web.fc2.com/topic/top-09.08.02-

記事を読む

ハイテク株相場の流れを読み間違えた巨大ヘッジファンド 2000年春

    2000年春に起きた巨大ヘッジファンド崩壊の真相の第2回です

記事を読む

第一回 ヘッジファンド・アクセス・セミナー レビュー

第一回 ヘッジファンド・アクセス・セミナーが 10月10日に開催されました!!  

記事を読む

金融危機を生き延びた者

「1998年ロシア通貨危機で起きたことと、それまでの流れ」を5回シリーズでお送りします。今回は第4回

記事を読む

最前線に立つヘッジファンドをFRBはコントロールできるのか?

  FRBと英国中央銀行は利上げへ FRBと英国中央銀行は、長期国債など負債圧縮に動き

記事を読む

米国バブルとバーゲンハンター達の行方

今週気になるニュースの行方は、以下の3点です。米国経済は経済との乖離がすすみバブルの様相を呈してきま

記事を読む

拡大するか中国ヘッジファンド

このブログでも、昨年のアベノミクスの上げ潮に乗って、海外ヘッジファンドが日本市場で大きな収益

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑