アベゲドン

公開日: : 最終更新日:2014/03/20 大井リポート | 

安倍政権スタートから早一年。アベノミクスを海外はどう評価しているのでしょうか?

 

気になるのは、「アベゲドン Abegeddon」(安倍+ハルマゲドンの造語)という評価です。FT紙(12月14/15 ウィークエンド版)でJohn Authers記者は以下のような懸念を述べています。まとめると、「デフレ脱却を目指してインフレを成功させたとしても、成長が伴わなければ、国債に対する信用リスクが高まり、GDP第三位の日本が信用危機を引き起こせば、猫を鳩の群れのなかに放つかのように、世界経済は混乱する」としています。

 

私は、一本目(異次元の金融緩和)と二本目の矢(財政出動)は、「日本を取り戻す」ための「必要条件」で、三本目の矢(成長戦略)こそが「十分条件」と考えます。「必要かつ十分な条件」のなかで、三本目が最も重要です。この点は海外メディアも指摘しています。

 

http://blogs.ft.com/the-world/2013/12/abenomics-hit-or-miss/#

 

私は『国富倍増 日本国富ファンド』をこの3月に出版し、成長のためのリスクマネー(活きた資金)をいかに回すかについて論じました。郵貯やGPIFの巨額の資金の0.1%でもよいから「呼び水」として戦略的成長の資金として運用しようと提言し、官邸や経産省、議員会館にも足を運びました。その結果が「官民ファンド」の乱立です。まさに官僚内閣の力をまじまじと体験した一年となりました。

関連記事

核セキュリティと米ソ金融戦争

新年度が明けて、株安・円高が進行している。実際、3月31日と4月1日にワシントンで開かれた第4回核セ

記事を読む

地政学上のリスク・オンとリスク・オフ

  この一ヶ月、国際金融市場の動きはキナ臭い。国際金融市場という大海原には、

記事を読む

旧き良き時代の「米ソ冷戦」 大国はいかに生き延びることができるのか

"Reagan and Gorbachev hold discussions" by このファイルに

記事を読む

no image

欧米の二番底、新興国の景気減速

 米国債のデフォルト(債務不履行)は回避されたが、巨額の財政赤字問題に決着がついたわけではない。 連

記事を読む

no image

【グローバル視点から見た資産の守り方】TPP

TPPとは、アメリカがテロとの戦いを終えて、経済と軍備の勢力を環太平洋地域に集中させようという『大戦

記事を読む

日本国債格下げでリスクは高まる
– 12月1日、格付け会社ムーディーズは日本の長期国債の格付けをAa3 からA1に引き下げ –

  10月末に日銀が追加緩和を行って以来、ECBも量的緩和策を実施し、次いで

記事を読む

no image

流動性の罠と新たなBIS規制

 ギリシャ危機を未解決のままずっと引きずってきた欧州の政治指導者たち。次にスペイン、イタリアへの財政

記事を読む

no image

今週注目のFOMC (連銀公開市場委員会)

 先週24日(金)のFT紙トップ記事は「アルゼンチン・ペソが2002年以来の大幅下落」(ペソは前週比

記事を読む

no image

TPPは日本の農業を変える外圧か?

  日本は外圧がないと自らの仕組みを変えることができないらしい。狭い島国は規制と既得権益が複雑に絡み

記事を読む

no image

本格化するエネルギー革命

 2000年4月にITバブルが破たんした。21世紀にはいってIT革命が行き着いた先は、Faceboo

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑