アベゲドン

公開日: : 最終更新日:2014/03/20 大井リポート | 

安倍政権スタートから早一年。アベノミクスを海外はどう評価しているのでしょうか?

 

気になるのは、「アベゲドン Abegeddon」(安倍+ハルマゲドンの造語)という評価です。FT紙(12月14/15 ウィークエンド版)でJohn Authers記者は以下のような懸念を述べています。まとめると、「デフレ脱却を目指してインフレを成功させたとしても、成長が伴わなければ、国債に対する信用リスクが高まり、GDP第三位の日本が信用危機を引き起こせば、猫を鳩の群れのなかに放つかのように、世界経済は混乱する」としています。

 

私は、一本目(異次元の金融緩和)と二本目の矢(財政出動)は、「日本を取り戻す」ための「必要条件」で、三本目の矢(成長戦略)こそが「十分条件」と考えます。「必要かつ十分な条件」のなかで、三本目が最も重要です。この点は海外メディアも指摘しています。

 

http://blogs.ft.com/the-world/2013/12/abenomics-hit-or-miss/#

 

私は『国富倍増 日本国富ファンド』をこの3月に出版し、成長のためのリスクマネー(活きた資金)をいかに回すかについて論じました。郵貯やGPIFの巨額の資金の0.1%でもよいから「呼び水」として戦略的成長の資金として運用しようと提言し、官邸や経産省、議員会館にも足を運びました。その結果が「官民ファンド」の乱立です。まさに官僚内閣の力をまじまじと体験した一年となりました。

関連記事

政治の不安定化が進む新興国 新しい社会契約のとき

 オックスフォード・アナリティックス社のマイケル・ブルース氏は「政治と経済は一体化している。金融・経

記事を読む

no image

復興ファンドが防波堤になるか? モラトリアム法の堤防がなくなるとき

  日本には基本的人権がない、基本的人権を定めた市民と政府の契約を現政府は守っていないし、守る気も能

記事を読む

ECBさらなるQE、TLTROsやABS購入でリスクマネーは成長戦略へ?

6月第一週には、Dディ70周年、天安門事件から25年に加え、ECB 利下げにより、主要国で初めて預金

記事を読む

嵐の前の静けさ

マーケットの方向感は、各国の通貨・金融政策に左右されてきた。8月後半以降のマーケットは「下げては半戻

記事を読む

no image

流動性の罠と新たなBIS規制

 ギリシャ危機を未解決のままずっと引きずってきた欧州の政治指導者たち。次にスペイン、イタリアへの財政

記事を読む

失われた信認

先週あたりからグローバル投資家が中国株を売り進んだ。過剰流動性で膨らんだ株式バブルが崩壊に向かうとき

記事を読む

no image

テクニカル要因からみた市場動向

  ここ3カ月のグローバルな資金フローをみると、大きく、1.欧州からの資金流出、2.米国債への資金流

記事を読む

no image

PEのドライパウダーはどこへ

未公開株、M&A、バイアウトなどで活躍するプライベート・エクイティ(PE)ファンド。巨額の投

記事を読む

テロ多発なのに好調な株高、いつまで続くのか?

米国市場では、好調な企業決算からダウ平均株価が最高値を更新した。株式相場はリスクオンの状態で、日本も

記事を読む

サイバーマンデーに見える米国の個人消費

米国では本格的なクリスマス商戦が始まった。感謝祭(木曜日)の翌日は多くの人々が買い物に殺到し、小売店

記事を読む

  • じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • follow us in feedly rss
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • PAGE TOP ↑