グローバルストリームニュース
国際金融アナリストの大井幸子が、金融・経済情報の配信、ヘッジファンド投資手法の解説をしていきます。

利権が利権でなくなるとき ロシアの場合

0

この数日間の海外トップニュースは「プーチン大統領がホドルコフスキー元ユーコス社長を恩赦した」という報道でした。ソ連からロシアに権力構造が大きく変わったときに殖産興業の払い下げで一大勢力となった「オリガーキー」の資金は、主に原油と天然ガスでした。ロシアは原油と天然ガスの生産に力を入れ、また資源エネルギー価格の上昇と相まって経済成長し、BRICsにまでのし上がりました。(原油と天然ガスはロシアの輸出の65%を占めます)。当然、オリガーキーも巨万の富を得ました。ミハイル・ホドルコフスキー氏もその一人でした。プーチン大統領は国家権力の掌握を目指し、新興勢力のオリガーキーを排斥したので、ホドルコフスキー氏は政敵として10年近く捕らえられていました。

今回の「ホドルコフスキー恩赦」のウラには、シェール革命があります。
米国はシェールガス・シェールオイル油田開発をナイジェリアやメキシコでも進め、欧州には安いガスが供給されるようになりました。価格競争が起こり、ロシアからの天然ガス輸出も高価格を維持できなくなっています。今後、原油価格の下落や世界の需要が縮小すれば、ロシアの外貨獲得にも支障が出てきます。ユーコスやガスプロムは、以前ほど国に巨万の富をもたらす存在ではなくなりつつあるのです。

ホドルコフスキー恩赦の理由として、ソチオリンピック開催でロシアの評判を上げるためという報道もありますが、実際には、利権の甘い汁もこれ以上はムリという経済的理由が大きかったと推測します。

 

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2005H_R21C13A2000000/

【大井幸子の最新セミナー】
2月16日(日)大井式資産運用メソッドで資産を増やそう 実践編
〜実際に株や投信をネットで買ってポートフォリオを作りましょう〜

長期分散積立投資の重要性はわかった!けれど、実際に証券会社のWEBサイトで自分で購入するのは難しい。色々買わなきゃいけないけどどうしたらいいの?という方と一緒に、実際にwebサイトを通じて購入をしてみるスクールです。

詳細はこちらから
グローバルストリームニュースメルマガ
週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。
登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

返信を残す

あなたのメールアドレスは公開されません。