北朝鮮情勢は山場へ アメリカの混乱とそれに乗じる国々

公開日: : 大井リポート | 

風薫る5月。米国では29日がメモリアルデー(戦没者追悼記念日)である。

トランプ大統領はこの20日から中東へ外遊し、中古武器11億ドル近くをサウジに売却し、資金の回収に勤しんでいる。

21日には再び北朝鮮がミサイルを発射した。空母ロナルド・レーガンが朝鮮半島に接近する今週半ば辺りに、緊張が高まるだろう。ちょうどトランプ氏がイタリアサミットに出席する26-27日と呼応している。

トランプ政権はウォール街(ほぼゴールドマンサックス)出身者と元軍人で固められ、外交はティラーソン国務長官(元エクソンモービル会長)との二人三脚である。トランプ氏の瀬戸際外交のキーワード(原油、マネー、武器)は地政学リスクとシンクロしている。

筆者は、「トランプ氏が国家のために果たす役割は、債務回収、あるいは借金棒引きである」と書いてきた。不動産ビジネスで何度も破綻を経験した彼は、契約を破ることも、借金を踏み倒すことも、破綻しても生き残ることを経験してきた。

そんなトランプ氏も国内ではFBI長官を解任したことから、弾劾を受ける可能性が高い。「ロシア・ゲート」で揉みくちゃになる前に、彼は大きな賭けに出るかもしれない。そして、北朝鮮や中国、ロシアはその機を狙い、自国に有利な状況を作り出そうとするだろう。すなわち、北朝鮮の現政権は堂々と核開発を続け、中国は台湾を併合し、南沙諸島に侵攻し、ロシアは経済制裁解除を求めるだろう。

最悪の場合、金融市場は一時混乱し、円高が進行し、日本がとばっちりを受けるだろう。そうならないようにと警告の意味を込めて、筆者は昨年『円消滅!』を著した。日本が第二の金融敗戦となれば、今の一等国の地位から転落してしまう。今の内閣の力量ではとても危機の舵取りは出来ないだろう。

一方、米国はどうか。トランプ氏は弾劾・罷免され、ペンス大統領の登場となるかもしれない。それでも米国の国家戦略は変わらず、十分成長していくだけの力がある。

メモリアルデーまでの1週間が山場となるだろう。

大井投資塾 5月25日開催!

この講義ではライフプランニングで老後まで見据えて必要となるお金を明確にして、そのためにお金を守り増やす方法をお伝え致します。
これから投資をする人、投資をしたい人、はじめてみたがよくわからない人へ、投資の基本から説明していきます。
詳細はこちらから

関連記事

原油安の先にあるものとは?

先週はドラギ総裁の超低金利政策続行のニュースにマーケットが好感し、日銀の次なる緩和策にも期待が高まっ

記事を読む

米国経済だけが強くなる理由「プラットフォーム・エコノミー」について。日本は?

米国株式市場はダウ平均株価もナスダック総合指数もそろって最高値を更新した。英国のEU離脱や世界経

記事を読む

no image

フォークランドの領有権

私の妹は米国マサチューセッツ州ボストン郊外に住んでいる。 今月末に一時帰国する予定だが、「この時期

記事を読む

no image

復興の精神的主柱とは

 テレビ報道で松本復興大臣の言動をみると、「がんばろう、日本」が虚しいスローガンに聞こえる。いち早く

記事を読む

二番底の恐怖 No more war!

先週のマーケットでは、FRBの政策決定会議(FOMC)でイエレン議長がゼロ金利解除のタイミングをどう

記事を読む

no image

量的緩和の出口は? 日本への影響は?

米連邦準備銀行(FRB)は、これまで毎月850億ドルの資産購入額を750億ドルに減らす「量的緩和縮小

記事を読む

no image

世界中が求める「成長戦略」と「構造改革」

 デフレ脱却、労働人口の減少、生産性低下に歯止めをかけるなど、どれも日本だけの課題ではありません。F

記事を読む

no image

震災復興には財源と電源確保を

 東京在住の米国市民には退避勧告、放射能に対する予防や必要な薬の配布など毎日のように米国大使館からメ

記事を読む

黒田サプライズの後に来るか、「第2次マネー敗戦」 – 山広恒夫記者へのインタビュー –

去る10月31日に黒田日銀総裁はサプライズのQQE(質的・量的緩和)を行いました。その影響についてF

記事を読む

再びギリシャ危機 国家資本主義の幻影

2008年のリーマンショック以降、2010年から12年にかけてPIIGS(ポルトガル、イタリア、アイ

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑