グローバルストリームニュース
国際金融アナリストの大井幸子が、金融・経済情報の配信、ヘッジファンド投資手法の解説をしていきます。

ロシア・ゲートと北朝鮮情勢

 北朝鮮の脅威は米国のみならず日本にもその矛先が向けられている。5月27日G7会合の後、安倍首相が北朝鮮に圧力をかけるべきだと非難し、これに対して北朝鮮は日本国内の米軍基地以外にも攻撃の標的を拡大すると警告した。

http://www.sankei.com/world/news/170530/wor1705300042-n1.html

 北朝鮮では田植えの時期にいったん屯田兵が農家に戻るが、田植えが終わって軍へ戻ってくる6月中旬以降、再び戦闘態勢になる可能性がある。7月27日には祖国解放戦争勝利記念日があり、夏場も朝鮮情勢の緊張は続くのではないか。

 それにしても、北朝鮮はなぜこれほど強気でいられるのか。バーシスキー記者によるブルームバーグ記事(5月18日付)“The Key to North Korea is Russia” によれば、北朝鮮のウラにはロシアがあるというわけだ。北朝鮮はロシアからの武器供与の対価として、5万人以上もの国民を木材伐採や建築現場の労働者としてロシアに送り込んでいるという。筆者は戦後のシベリア抑留と強制労働を思い出した。

https://www.bloomberg.com/view/articles/2017-05-18/the-key-to-north-korea-is-russia

 また、ロシアや中国にとって北朝鮮の存在意義は、中露対立のバッファーとなっていることだという。そして、北朝鮮は両国を米国から遠ざけるために有益な存在であることを誇示し続けなければならない。つまり、北朝鮮の挑発行為そのものが存在意義なので、挑発行為は止まることはない。

 オバマ氏も含めこれまでの米国の大統領はこうした北朝鮮の行動をなだめ、穏便に済ませようと核の問題も先送りしてきた。しかし、トランプ氏は北朝鮮と中露にどう立ち向かうのか。国内のロシア・ゲートと絡み、瀬戸際外交でどう出るか。ロシア・ゲートは、今後コミーFBI前長官が議会証言するなどヒートアップしていくだろう。

 ロシアもまた、日本へ矛先を向けている。北方領土での軍備増強を米国への対抗措置として正当化している。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170601/k10011003471000.html

 米国頼りの日本の国防。日本の瀬戸際外交は大丈夫なのか?

グローバルストリームニュースメルマガ
週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。
登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

コメントは締め切りました。