ロシア・ゲートと北朝鮮情勢

公開日: : 大井リポート | 

 北朝鮮の脅威は米国のみならず日本にもその矛先が向けられている。5月27日G7会合の後、安倍首相が北朝鮮に圧力をかけるべきだと非難し、これに対して北朝鮮は日本国内の米軍基地以外にも攻撃の標的を拡大すると警告した。

http://www.sankei.com/world/news/170530/wor1705300042-n1.html

 北朝鮮では田植えの時期にいったん屯田兵が農家に戻るが、田植えが終わって軍へ戻ってくる6月中旬以降、再び戦闘態勢になる可能性がある。7月27日には祖国解放戦争勝利記念日があり、夏場も朝鮮情勢の緊張は続くのではないか。

 それにしても、北朝鮮はなぜこれほど強気でいられるのか。バーシスキー記者によるブルームバーグ記事(5月18日付)“The Key to North Korea is Russia” によれば、北朝鮮のウラにはロシアがあるというわけだ。北朝鮮はロシアからの武器供与の対価として、5万人以上もの国民を木材伐採や建築現場の労働者としてロシアに送り込んでいるという。筆者は戦後のシベリア抑留と強制労働を思い出した。

https://www.bloomberg.com/view/articles/2017-05-18/the-key-to-north-korea-is-russia

 また、ロシアや中国にとって北朝鮮の存在意義は、中露対立のバッファーとなっていることだという。そして、北朝鮮は両国を米国から遠ざけるために有益な存在であることを誇示し続けなければならない。つまり、北朝鮮の挑発行為そのものが存在意義なので、挑発行為は止まることはない。

 オバマ氏も含めこれまでの米国の大統領はこうした北朝鮮の行動をなだめ、穏便に済ませようと核の問題も先送りしてきた。しかし、トランプ氏は北朝鮮と中露にどう立ち向かうのか。国内のロシア・ゲートと絡み、瀬戸際外交でどう出るか。ロシア・ゲートは、今後コミーFBI前長官が議会証言するなどヒートアップしていくだろう。

 ロシアもまた、日本へ矛先を向けている。北方領土での軍備増強を米国への対抗措置として正当化している。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170601/k10011003471000.html

 米国頼りの日本の国防。日本の瀬戸際外交は大丈夫なのか?

関連記事

no image

ジョージ・パッカード先生

ライシャワー博士の昭和史 11月17日の夕方、恩師ジジョージ・パッカード先生の出版記念会が外国特派員

記事を読む

再びGrexit の危機 – デフォルトしてもEU離脱はない –

2010年5月の最初のギリシャ危機から早5年がたつ。以来、ECB、EU、そして IMFはギリシャ政府

記事を読む

危機に備えるプライベート・エクイティ・ファンドの動き

未公開株に投資するプライベート・エクイティ(PE)の行動を観察すると、マーケットがどこに向かおうとし

記事を読む

再びギリシャ危機 国家資本主義の幻影

2008年のリーマンショック以降、2010年から12年にかけてPIIGS(ポルトガル、イタリア、アイ

記事を読む

no image

2012年はソフトランディング

 年明けから、ギリシャ国債デフォルトやホルムズ海峡封鎖といったリスクが高まった。が、じっさいは「貧す

記事を読む

no image

新陳代謝を高める米国市場

国際金融市場はFRBがいつゼロ金利解除に動くかを注目している。イエレンFRB議長はそのタイミングを6

記事を読む

no image

利権が利権でなくなるとき ロシアの場合

この数日間の海外トップニュースは「プーチン大統領がホドルコフスキー元ユーコス社長を恩赦した」という報

記事を読む

no image

新興国の政治不安と金融危機について

 ウクライナ、スーダン、ベネズエラ、タイ国では、連日デモ隊と治安部隊の衝突が報じられています。  国

記事を読む

no image

世界はスタグネーションへ

 ニューヨーク在住のエコノミスト、熊坂博士のCQMレポートによると、米国の景気の落ち込み(スローダウ

記事を読む

FRBゼロ金利解除は間近に? 潮の目が変わるか?

6日に米国雇用統計が発表され、失業率5.5%と労働市場の改善がみられた。 このことから、金融市

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑