6月後半マクロ的見通し

公開日: : 大井リポート | 

 国家金融資本主義の時代、経済、金融、国際政治、地政学リスクは全てパッケージで捉えないと世界の流れが見えて来ない。目下の流れは引き続き米露をめぐる「マネー、原油、武器」であり、その要に今週も北朝鮮の存在が大きい。

 6月15日、北朝鮮に滞在していた米国大学生が1年5ヶ月経って釈放され昏睡状態で帰還した。肉体的には外傷がないというが、脳を破壊し、人格を抹殺する人権に対する恐ろしいテロが立証されたことになる。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/06/post-7805.php

 6月16日、トランプ大統領が独断でロシア制裁法案を解除した場合に見直しの権限を議会に与える法案が米上院を通過した。ロシア寄りのトランプ陣営に対する対抗措置とみられる。折しもロシアゲートで大統領の司法妨害に関する調査が始まっている。

https://www.bloomberg.com/politics/articles/2017-06-15/senate-votes-to-limit-trump-s-ability-to-lift-russia-sanctions

 FRBは予想通り利上げに踏み切り、金融政策の正常化に向かおうとしている。しかし、日米共に経済のファンダメンタルズはそれほど底堅いというわけではなく、地政学リスクにもかかわらず株式相場はフワフワ上昇を続けている。

 北朝鮮情勢と米ロ関係は、原油価格に影響を及ぼす。原油エネルギー関連はロシア輸出の7割を占め、ロシア経済は原油価格動向や欧米による経済制裁の行方に依存している。

(ロシア経済については、志波和幸著「ロシア経済の現状と課題(2016.7.29)」国際通貨研究所 参照 https://www.iima.or.jp/Docs/newsletter/2016/NL2016No_16_j.pdf )

 目下、原油価格はバレル当たり45ドルを割り込んでおり、30ドル台が見えてくると米株式相場にとって大きなマイナス要因となると思われる。

 6月後半、米国が北朝鮮に囚われている三人(?)の人質をどのような形で取り戻せるのか。廃人となって帰国した大学生を巡り、トランプ政権が今後どのような外交を展開するか。

関連記事

no image

軋み始めたブッシュ・ドクトリン

この3週間あまり、NY、東京、ワシントンDCと移動した。復活祭のころ、日本では民主党小沢代表が登場し

記事を読む

no image

福島原発、世界にとってのリスク要因

 「風が吹けば桶屋が儲かる」、江戸時代の小話のように、経済・金融ではひとつの事件が回りまわってあらゆ

記事を読む

政治・経済・金融 国際近代史まとめで超長期的視点を養う

「木を見て森を見ず」というように、株式や為替など日々の相場動向に加え、国際金融や通貨体制全体が大きな

記事を読む

no image

株価上昇が続くなか、新たな投資機会とは?

 先週はテーパリング(量的緩和縮小)開始時期が遠のいたことで、新興国の株価が上昇しました。米国株も上

記事を読む

通貨、戦争、世界秩序の変わる時

人民元がSDR仲間入り、新たな通貨体制のパラダイムの始まりか? 中国が目指す人民元の国際化が、国際

記事を読む

no image

TPPは日本の農業を変える外圧か?

  日本は外圧がないと自らの仕組みを変えることができないらしい。狭い島国は規制と既得権益が複雑に絡み

記事を読む

no image

すぐそこにある日本の危機

 7月半ばに河村たかし氏の講演を聞いた。なかなかよかったにゃー。面白かったのは以下二点である。 1

記事を読む

no image

北朝鮮核問題は中国のSOS

 北朝鮮の核実験が現実味を帯び、米中韓では危機感が高まっている。中国国内で人民解放軍の巻き返しの切り

記事を読む

地政学リスクは2018年秋口まで続く

前回のリポートからほぼ1ヶ月が経った。その間、9月15日には北朝鮮のミサイルが北海道を通過する事態が

記事を読む

APEC(アジア太平洋経済協力会議)が閉会。世界は変わるか?

11月9日から11日まで、北京で数々のAPEC首脳会議が開かれた。メディアは赤い皇帝「習近平」をカメ

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑