グローバルストリームニュース
国際金融アナリストの大井幸子が、金融・経済情報の配信、ヘッジファンド投資手法の解説をしていきます。

トランプ・ラリーはいつまで続くか?

 大統領選後、米国株式市場は連日高値を続伸し、次期大統領にちなんで「トランプ・ラリー」と称されている。じっさいには大統領選挙前日の11月7日に、FBIがクリントン氏のメール問題についてさらなる追求をしないとの明言を受けて、S&P500指数が2%も高騰したのだ。投票結果は想定外のトランプ勝利となったものの、いまのところは期待感が先行し、相場上昇が続いている。トランプ・ラリーはいつまで続くのだろうか。

 トランプ氏は既存の政治家ではないので、しがらみがない。発言をコロコロ変えながら、交渉にはタフな態度で臨み、自分の利益を最大化するタイプである。「プロ・ビジネス」、「反エスタブリッシュメント」を掲げながらも、自分と家族、その取り巻きの利益を最大化するネポティズム(縁故主義)を感じるのは筆者だけではない。

 このように反対する者を排除し、自己の利益を第一とする「アメリカ第一主義」政権の方向性は明確で、読みやすい。しかし、敵対視される側にとってはやっかいな問題がふりかかってくる。ブルームバーグの「2017年の悲観者ガイド」を見ると、米中経済戦争、メキシコペソや中国人民元の下落、ドイツのメルケル首相の敗北、プーチンの野望拡大など、世界が混乱と分裂に巻き込まれる悲観的シナリオが並んでいる。

参考記事 ブルームバーグ “The Pessimist’s Guide to 2017” (12月5日付)
https://www.bloomberg.com/graphics/pessimists-guide-to-2017/

 じっさいにそうなるかどうかは別として、米国にとっても次期政権の実態が見えてくるのは年明けになるだろう。ニューヨーク連銀のウィリアム・ダドリー総裁は、財政拡大によるトランプ成長戦略について、インフラ整備によって生産性が向上するプラス面がある一方、金利上昇に伴う急な財政支出の拡大が債務支払コストを押上げるというマイナス面を懸念している。米国でもベビーブーマー(1946-64年生まれの戦後世代)が大量退職し年金生活に入る時期に、既存の巨額の財政赤字に加えてさらに負債を拡大することへの懸念は高まっている。

 トランプ・ラリーは、株価が上昇しているうちは国民は政治に無関心かあるいは不満を持たないという「経済・株価第一主義」に乗じた現象に見える。しかしながら、カリフォルニア州では連邦政府から脱退する「Calexit」の動きも始まっている。IT革命を押し薦めたシリコンバレーでは、様々な人種や主義を認め合う多様性や自由を求め、反トランプへの姿勢を強めている。すべてが分断され、細かい小集団がそれぞれの「第一主義」を掲げれば、協調が失われ、「経済・株価第一主義」の大前提である平和が壊れてしまう。これがトランプ・ラリーの最大の危機となるだろう。

グローバルストリームニュースメルマガ
週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。
登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

コメントは締め切りました。