トランプ大統領を待つものは?

公開日: : 大井リポート | 

 トランプ大統領は13日(月)に東アジアサミット最終日を急遽キャンセルし、即座に米国へ戻った。同日の午前(日本時間)に、トランプ長男がウィキリークスと通じていたという緊急ニュースが流れた。アトランティック誌が、トランプ長男がウィキリークスとやりとりしたメールを暴露したのだ。そのタイミングは、東アジアサミットでプーチン大統領と言葉を交わした直後だった。これは、ロシアの罠とみるのが妥当ではないだろうか。

 昨年、トランプ長男は、父の大統領戦勝利を目指してロシアからの情報を得ようと、ウィキリークスからの接近を許した。そして、トランプが大統領になった暁には、創設者のオーストラリア人アサンジ氏を米国の駐豪大使に任命するようにといった政策をウィキリークスから要求されていた。実際、昨年10月10日に、トランプ氏は”I love WilkiLeaks!”と公けに宣言している。

参考記事 “The Secret Correspondence between Trump Jr. and WikiLeaks” (11/13付)
https://www.theatlantic.com/politics/archive/2017/11/the-secret-correspondence-between-donald-trump-jr-and-wikileaks/545738/

 ロシアゲート疑惑では、昨年大統領選挙の選対本部長マナフォート氏やフリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)に捜査が進み、トランプ自身への弾劾が近づいている。

 トランプ大統領は帰国と同時に多くの批判と敵に囲まれる。問題は、大型減税などの経済政策が遅れ、株式市場に失望感が広がる可能性である。米国株式市場は、企業収益の堅調さに裏付けられているものの、原油高と「戦時の株高」が顕著で、米国の原子力空母三隻が臨戦態勢にある北朝鮮情勢のおかげである。

 10月に金融危機は起こらなかったが、危機が去ったわけではない。むしろ、戦争の時が近づいているのかもしれない。米国国防省は北朝鮮への攻撃は30分から1時間で済むと計算している。情報戦が実戦になるような道筋がつけられているように見える。その道筋では、じわじわと円高へ振れ、株価は短期間だが、いったん調整局面に入るだろう。

関連記事

no image

今週注目のFOMC (連銀公開市場委員会)

 先週24日(金)のFT紙トップ記事は「アルゼンチン・ペソが2002年以来の大幅下落」(ペソは前週比

記事を読む

日本にとってのトランプリスク。日銀、メガバンクなど日本の大手機関投資家への悪影響の懸念

By Gage Skidmore, CC 表示-継承 3.0, https://commons.w

記事を読む

インフレとデフレ、そして、戦後70年

日銀の超緩和策のおかげで「けっこう危うい先まで銀行の融資が伸びている、そういうお達しがあるみたいだ」

記事を読む

マイナス金利の行き着くところとは

 「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざがある。何か事が起こると、一見すると関係のないところでその

記事を読む

no image

日本の最後のチャンスか。トリプル安がやってくる

 TPP交渉参加がままならないなか、オバマ大統領との会談を1週間後に控え、安倍総理には米国に持ってい

記事を読む

no image

北朝鮮はどうなるか、アジアの不安定化は進むのか

 19日正午のNHKニュースで、北朝鮮指導者、金正日の死去が伝えられた。その日は1時半に東京産業人倶

記事を読む

no image

世界はスタグネーションへ

 ニューヨーク在住のエコノミスト、熊坂博士のCQMレポートによると、米国の景気の落ち込み(スローダウ

記事を読む

no image

BRICsのデカップリング

  マーケットは、FRBの2%インフレ目標が達成され、量的緩和縮小(テーパリング)は

記事を読む

no image

世界中が求める「成長戦略」と「構造改革」

 デフレ脱却、労働人口の減少、生産性低下に歯止めをかけるなど、どれも日本だけの課題ではありません。F

記事を読む

イラク情勢をめぐる国際金融市場の動向、どうなる原油価格?

  イラクやウクライナ情勢の背後には資源エネルギーの利権があり、必ず中国の姿が見えて

記事を読む

  • じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • follow us in feedly rss
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • PAGE TOP ↑