トランプ最初の100日で見えてきた「戦後レジームの終焉」

公開日: : 大井リポート | 

 3月半ばは、トランプ政権の主要閣僚らが世界を飛び回る外交に多忙を極めた週だった。ティラーソン国務長官は3月15日から日本、韓国、中国を訪問し、又、ムニューヒン財務長官は17〜18日に独バーデンバーデンで開催されたG20に参加した。17日にはメルケル首相がトランプ大統領を訪問。19日には安倍首相がメルケル首相を訪問。20日には日露「2+2」(外務・防衛担当閣僚会合)が開かれた。同日には韓国政府は、米軍の弾道ミサイル迎撃システム(THAAD)が韓国に配備されたことに対して、中国が韓国への経済制裁を取っている問題をWTOに対する協定違反の可能性を提起すると明らかにした。

 ここに来て、トランプ政権が何を目指しているのか少しずつ見えてきた。これから「戦後70年の歴史」がアンシャンレジームになろうとしているのである。このパラダイムシフトは、米国が自ら築いた「戦後レジーム」を壊すところから始まっている。

 1945年に第2次世界大戦終了し、すぐに米ソ冷戦が始まったものの、欧州の国力は疲弊し、国土が焦土とならなかった米国は圧倒的な産業力と富の力を有し、米国が戦後の世界秩序を作ってきた。米国の覇権は、ドルを基軸通貨とした自由貿易体制を拡大していった。この米国主導のパラダイムは、当然米国の国益に有利なルールで動いてきたのだが、いつの間にか中国やロシアが米国よりも優位な立場に立ち、米国のコントロールにチャレンジするようになってきた。

 米国はあたかもちゃぶ台をひっくり返すように、自国に有利に機能しなくなった戦後体制を壊し、作り変えようとしている。たとえば、自由貿易体制の象徴WTO加盟国が集団となって米国の利益を損なう行動をさせないよう、WTOの枠組みそのものを壊し、加盟諸国を分断し、個別にタフな二国間交渉を実施する。だから、オバマ政権で推し進めたTPPはもはや不要となった。トランプ式の交渉スタイルでは、相手に対して徹底的に自国に有利なルールを押し付け、利益を確定していくやり方を貫くだろう。

 トランプ政権始動から2ヶ月たち、「米国第一主義」の具体的な通商貿易、通貨体制に至る道筋がほんのりと見えてきた。あたかも霧の中から少しずつ姿を現して来るように、戦後レジーム終焉の後に来る新しいパラダイムも、トランプ政権開始から100日も経てば徐々に明らかになるだろう。ただし、米国内でも反トランプ勢力があり、このパラダイムシフトのトランジション(移行期)をうまく乗り切れるかどうか。

 特に、トランプ政権スタート前からロシアが影を落としている。しかもプーチン氏は冷徹な戦略家で、中国をターゲットとするトランプ政権に懐柔しようと、選挙前からサイバー攻撃を仕掛けるなど米国の国内政治を揺るがすチャンスを虎視眈々と狙ってきた。本日(3月21日)の報道では、FBIはトランプ陣営とロシアとの関わりを7ヶ月も前から調査していることを正式に認めている。

 国務省や情報機関のいわゆる国際関係に携わるプロ集団には「外交官ギルド」の存在がある。欧州の歴史において外交は長いこと王族や貴族の間で密やかに行われてきた。外交に携わる人々の多くはその筋の特権階級に属し、その地位は今でも代々受け継がれている。現在の米国でも外交筋や諜報筋のプロフェッショナルの間にはギルド的な連帯とプライドが存在する。こうした「外交官ギルド」の伝統と価値観に対して真っ向から挑戦しているのが、トランプの交渉スタイルである。トランプ政権は、彼らを敵に回してまでもビジネスとしての外交交渉を進めようとしている。「外交官ギルド」との対立が深まり、トランプが瀬戸際外交に突き進む時には地政学上、大きなリスクを抱えることになるだろう。
 

関連記事

サプライズ日銀、何故このタイミングか?

筆者は、10月30日(木)に、帝国ホテルにて日経新聞社主催の日経CSISシンポジウムに参加し

記事を読む

no image

日本の認識のズレがコワい

 憲法記念日の前日、FT紙に”The threats to Asia’s fragile balan

記事を読む

no image

テーパリング見送りの真の意味は? FRBウォッチャー山広さんへのインタビュー

今週は、18日のFRBの予想外の決定について、山広さんのお話を伺います。 山広恒夫(やまひろ つね

記事を読む

no image

危機はまとめてやってくる!

 3月10日から11日にかけて世界中であまりにも多くの出来事があった。もちろん日本の大地震も極めつけ

記事を読む

再び株高とテーパリングについて

ダウ平均株価は最高値を更新しています。日本の株価もまた連れ添って上昇しています。多くの投資家がテーパ

記事を読む

no image

春節、金融パニックの始まりか?

 1月のFOMCで量的緩和縮小を続けることになり、日本を初め、米国、英国、欧州市場で株価が大きく下げ

記事を読む

拡大するか中国ヘッジファンド

このブログでも、昨年のアベノミクスの上げ潮に乗って、海外ヘッジファンドが日本市場で大きな収益

記事を読む

no image

フォークランドの領有権

私の妹は米国マサチューセッツ州ボストン郊外に住んでいる。 今月末に一時帰国する予定だが、「この時期

記事を読む

no image

日本にこそ必要な政府系ファンド

 本日FT紙(10月12日付け)で、中国とロシアの政府系ファンド同士が共同で投資を行う新規の中露ファ

記事を読む

霞が関アジア中国塾の開校のご案内

中国インフラ投資銀行(AIIB)が話題になっています。 中国を国際金融市場の中でどう位置づけ、付き

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑