グッド・フライデー or バッド・フライデー

公開日: : 大井リポート | 

本日はグッド・フライデー。欧米の友人たちは家族でイースター(復活祭)休暇のロングウィークエンドを楽しんでいる。BBCニュースでは、ローマ教皇が服役囚の足を洗い、接吻する映像が流れる。恵まれない人々への慈愛、平和への祈りとは対照的に、世界各地でテロや戦争の恐怖が高まっている。

米国は4月6-7日の米中首脳会談の最中、シリアにミサイル攻撃を実施した。9日にはエジプトのコプト正教会を狙った自爆テロ、スウェーデンのストックホルムではデパートにトラックが突っ込み、歩行者がなぎ倒され19人が死傷した。13日ドイツではサッカーチーム「ドルムント」のバスを狙った事件が起こり、14日には米軍がアフガン東部に最大級の爆弾を投下した。このような核に次ぐ
強力な破壊を行うとは、バッド・フライデーではないか。

15日の金日成生誕日に向けて北朝鮮関連でも緊張が高まっている。日経平均株価は4日続落した。この先、金融市場はどうなるのか?

筆者は、4月28日に米国の予算が議会を通過するかどうかを注目している。2016年12月10日にオバマ大統領が暫定予算案に署名し、政府機関の閉鎖が回避された。その期限が4月28日である。

ついこの間トランプ政権はオバマケアを覆すことができず、議会運営と政策実現力に大きな疑念が持たれ、トランプ氏の掲げる減税やインフラ投資などの刺激策への期待感が薄れている。予算を巡る両党の対立は深く、議会は混乱するとみられている。

予算が通過しないと政府閉鎖となる。合衆国法典31編1341条「不足金請求禁止条項」によれば、「予算不足の際は緊急のものを除き、業務を停止しなければならない」とある。ポイントは「緊急のもの」で、例えば戦争のような非常事態となれば事情が異なるだろう。

復活祭の日に戦争が復活しないように祈るばかりである。

関連記事

QEバブル終焉の始まりか? 米国ハイテク銘柄の落ち込み

 4月に入ってから、米国株式の長期上昇の原動力だったナスダック総合指数の崩れが目立っている。ソーシャ

記事を読む

no image

テーパリング見送りの真の意味は? FRBウォッチャー山広さんへのインタビュー

今週は、18日のFRBの予想外の決定について、山広さんのお話を伺います。 山広恒夫(やまひろ つね

記事を読む

no image

欧米の二番底、新興国の景気減速

 米国債のデフォルト(債務不履行)は回避されたが、巨額の財政赤字問題に決着がついたわけではない。 連

記事を読む

米国経済だけが強くなる理由「プラットフォーム・エコノミー」について。日本は?

米国株式市場はダウ平均株価もナスダック総合指数もそろって最高値を更新した。英国のEU離脱や世界経

記事を読む

no image

QEが終わり、構造改革がやってくる

 去る5月22日にバーナンキFRB議長が量的緩和(QE)縮小を初めて示唆したことから、債券市場は弱気

記事を読む

no image

PEのドライパウダーはどこへ

未公開株、M&A、バイアウトなどで活躍するプライベート・エクイティ(PE)ファンド。巨額の投

記事を読む

no image

大戦略と国際金融の時代

大戦略と国際金融の時代 21世紀の次の10年で世界の流れはどうなるのか... そんな問題意識を持

記事を読む

no image

経済的合理性を貫けない政治は国を滅ぼす

 大衆迎合主義や衆愚政治は、国家財政の破たんと大量失業といった経済的な苦難を国民にもたらす。  国

記事を読む

no image

シリア情勢とテーパリング

 ジョージ・クルーニー主演の「シリアナ」は、 ロバート・ベア原作『CIAは何をしていた?』に基づくス

記事を読む

伊勢志摩サミット、消費税増税見送りの後に来るもの

 5月後半の注目は伊勢志摩サミットである。安倍政権としてはサミットを成功させ、7月の参院選を勝利に持

記事を読む

じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター

無料メルマガ

GSニュースメルマガ

週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

follow us in feedly rss
  • GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

PAGE TOP ↑