トランプ大統領アジア歴訪後に忍び寄るロシアの影

公開日: : 大井リポート | 

 10月には懸念された危機が起こることなく、11月はトランプ大統領のアジア歴訪で始まった。トランプ大統領の来日中、日米貿易交渉の期間では、円ドル相場は瞬間115円台を突き抜ける可能性があるが、その後はズルズルと円高へ向かうだろう。
 米国株式市場は、堅調な原油価格に支えられて底堅い。原油価格の堅調さもプーチン大統領との会談までは続くだろうが、その後はどうなるか?
 トランプ大統領がアジア歴訪から本国に戻る頃には、ロシアゲート疑惑の捜査が進み、大統領弾劾への動きが加速するだろう。しかし、こうした手続きには時間がかかる。年内11月後半は感謝祭があり、そこからクリスマスまでのショッピングシーズンはユーフォリアに包まれるかもしれない。

関連記事

no image

デトロイト市破綻から地方債で揺れる債券市場

 米国では第二四半期の好調な企業決算を受けて株価が続伸。GM(ゼネラル・モーターズ)社も増収となるな

記事を読む

no image

2017-18年は嵐の前の静けさ「ミンスキー・モメント」が終わる時

新年おめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。 今年前半の投資環境について 昨年12

記事を読む

no image

オルタナティブ投資の効用

以下は、4月12日にキーストーン・パートナース年投資家総会の基調講演でお話した内容です。 私は

記事を読む

 6月23日にEU離脱の可否を問う英国国民投票が実施された。そして、大方の予想に反し、英国は

記事を読む

グッド・フライデー or バッド・フライデー

Designed by Freepik[/caption] 本日はグッド・フライデー。欧米の

記事を読む

原油下落の行方 金融危機への導火線となるか?

新興国通貨安が加速 原油下落で国際金融市場全体が揺れ動いている。貿易だけをみれば、産油国にとっては

記事を読む

マーケットは調整局面へ

お盆開け、マーケットは大きな調整局面に入っている。英米の中央銀行は量的緩和策の出口へ向かっている。リ

記事を読む

ユーロ圏は日本化しつつあり、混迷深める国際情勢の中で中国は漁夫の利を狙う

ユーロ圏の日本化を懸念 マーケットは、英米が量的緩和の出口に向かうと確信している。FRBは10月で

記事を読む

変調をきたす債券市場 ばらまけど 誰も拾わぬ ヘリマネー

 11月8日の米国大統領選挙が2ヶ月後に迫り、「中央銀行相場」の出口も近づいている。このとこ

記事を読む

no image

金価格下落が問う、インフレ懸念はホンモノか?

 今、本屋さんに行くと、アベノミクスについて多くのビジネス書が平積みになっている。新刊書のタイトルを

記事を読む

  • じぶんちポートフォリオ ヘッジファンドニュースレター
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • follow us in feedly rss
  • 無料メルマガ

    GSニュースメルマガ

    週1回、大井幸子厳選の最新国際金融・経済情報が届く無料メルマガです。

    登録はこちらから メールアドレスを入力してお申込みください。

  • PAGE TOP ↑